きたあるぷす線

—— 日文翻譯成中文

google翻譯

北丸和平線
  • 0

百度翻譯

  • 0

有道翻譯

的一位ぷす線
  • 0

騰訊翻譯

兩條布的線
  • 0

雙語例句

  • 因為應用 116之一是共享外線,所以此應用 116向其他登記的聯繫發送通知。
    アプリケーション116の1つが、共有ライン・アピアランスであるので、そのアプリケーション116は、通知を他の登録されたコンタクト先に送る。
  • 替換地,排除步驟 510和 520,無線 IPTV終端 100可以在步驟 530中直接發送指定的用戶環境參數到第三顯示終端 200。
    あるいは、ステップ510及びステップ520を実行する代わりに、無線IPTV端末機100は、ステップ530で指定されたユーザ環境パラメータを第3のディスプレー端末機200に直接送信してもよい。
  • DAC 160在 DAC控制部件的控制下,使用按給定傾斜度線性變化的斜波形,生成參照信號 (斜坡信號 ),並且把參照信號 SLP_ADC供給至列處理電路組 150。
    DAC160は、DAC制御部の制御の下、ある傾きを持った線形に変化するスロープ波形である参照信号(ランプ信号)を生成し、参照信号SLCADCをカラム処理回路群150に供給する。
  • 坐標 (A,T,G),在確認場景是夜景場景的時候在圖 11所示的程序曲線圖描繪出的粗線上被檢測出,在確定場景是動作場景的時候在圖 12所示的程序曲線圖描繪出的粗線上被檢測出。
    座標(A,T,G)は、確定シーンが夜景シーンであるとき図11に示すプログラム線図に描かれた太線上で検出され、確定シーンがアクションシーンであるとき図12に示すプログラム線図に描かれた太線上で検出される。
  • 圖 46是在其之間連接 HDMI線纜的信源裝置和信宿裝置的 HDMI端子的針腳陣列(A型 )。
    【図46】ソース機器およびシンク機器のHDMIケーブルが接続されるHDMI端子のピン配列(タイプA)を示す図である
  • 圖 1是示出了工業過程控制或監視系統的簡化圖,該系統包括具有無線適配器的現場設備。
    【図1】無線アダプターを有するフィールド機器を含む、工業的プロセス制御又は監視システムを示す簡略化した略図である
  • 步驟 8-12是可選的報頭打包步驟,其目的是優化無線接口帶寬的使用。
    ステップ8−12はオプションのヘッダパッキングステップであり、その目的は、無線インターフェースバンド幅の使用を最適化することである
  • 可設置用於不同類型連接的多連接區,其中至少一個區為天線連接區。
    異なるタイプの結合のための多重接続領域(少なくとも1つの領域がアンテナ接続領域である)を設けてもよい。
  • 結果,當設置的輸出目的地為近距離無線連接的打印機 100時,由打印機 100進行與用戶的指令相對應的打印(S1250)。
    確認の結果、近距離無線で接続されたプリンタ100である場合、ユーザの印刷をプリンタ100により実行する(S1250)。
  • 雖然圖 4圖示了具有兩個天線環的天線 405的示例,應該注意也可以想到具有單個環或多於兩個環的天線。
    図4は、2つのアンテナループを有するアンテナの一例405を示しているが、単一のループまたは3つ以上のループを有するアンテナも想到されることは留意されるべきである
  • 每組天線和 /或指定每組天線進行通信的區域可以稱為基站 202的扇區。
    各グループのアンテナ、および/またはアンテナが通信するように設計されているエリアは、基地局202のセクタと称されることもある
  • 同軸饋線 535A、536A、535B和 536B可以垂直於每個天線 505A或 505B中的天線環 520A或 520B的平面。
    同軸給電ライン535A、536A、535Bおよび536Bは、各アンテナ505Aまたは505Bにおけるアンテナループ520Aまたは520Bの平面に対して垂直であることが可能である
  • 圖 11事實上為兩部分圖示,再次使用了微帶總線的示例,其具有標繪相對於時間的六條不同曲線的上半部1103(電壓由Y軸表示),以及標繪最近鄰線路上的串擾的下半部 1105(電壓在此也由 Y軸表示 )。
    図11は、実際は、時間に対する6つの異なる曲線をプロットした上半分1103(電圧をY軸で表す)と、再びマイクロストリップバスの例を使用した最近傍線上のクロストークをプロットした下半分1105(ここでも電圧をY軸で表す)とを有する2部グラフである
  • 圖 7示出了識別在無線通信環境中的上行鏈路上使用的波形類型的示例性系統。
    【図7】図7は、無線通信環境において、アップリンクで利用されている波形タイプを識別するシステムの例示である
  • 無線通信處理單元 230(即處於初始休眠模式 )被喚醒並根據預設的無線通信協議連接。
    初期スリープモード(Sleep mode)の状態にある無線通信処理部(230)を立ち上げ設定された無線通信プロトコルにより連結される。
  • 例如,可以不能充分地抑制從垂直信號線 (VSL1)501的信號電平的改變導致的、對與該垂直信號線 (VSL1)501相關聯的負載晶體管柵極線 612的耦合影響。
    例えば、垂直信号線(VSL1)501における信号レベルの変動によるカップリングの影響は、その垂直信号線(VSL1)501に対応する負荷トランジスタゲート線612に対して充分に抑制できないことがある
  • 圖 10示出了能夠識別在無線通信系統中使用的波形類型的示例性系統。
    【図10】図10は、無線通信環境において利用されている波形タイプを認識することを容易にするシステムの例示である
  • 圖 3示出了對用於無線通信環境中上行鏈路傳輸的波形類型進行管理的示例性系統。
    【図3】図3は、無線通信環境におけるアップリンク送信のために利用されている波形タイプを管理するシステムの例示である
  • 圖 46是圖示信源設備和信宿設備的 HDMI線纜連接到的 HDMI端子的引腳排列(alignment)(類型 A)的圖。
    【図46】ソース機器およびシンク機器のHDMIケーブルが接続されるHDMI端子のピン配列(タイプA)を示す図である
  • 坐標 (A,T,G)在確定場景為夜景場景時在圖 11所示的程序曲線圖中描繪的粗線上進行檢測,在確定場景為動作場景時在圖 12所示的程序曲線圖中描繪的粗線上進行檢測,另外,坐標 (A,T,G)在確定場景為風景場景時在圖 13所示的程序曲線圖中描繪的粗線上進行檢測,在確定場景為默認場景時在圖 14所示的程序曲線圖中描繪的粗線上進行檢測。
    座標(A,T,G)は、確定シーンが夜景シーンであるとき図11に示すプログラム線図に描かれた太線上で検出され、確定シーンがアクションシーンであるとき図12に示すプログラム線図に描かれた太線上で検出される。 座標(A,T,G)はまた、確定シーンが風景シーンであるとき図13に示すプログラム線図に描かれた太線上で検出され、確定シーンがデフォルトシーンであるとき図14に示すプログラム線図に描かれた太線上で検出される。
  • 這是因為,在將 TV1000與放大器 1010用 HDMI線纜連接時,TV1000、放大器 1010的兩影像聲音裝置是既不是主機也不是從屬的未確定狀態,所以 TV1000、放大器 1010兩者都有可能成為主機。
    これはTV1000とアンプ1010をHDMIケーブルで接続した時、TV1000、アンプ1010の両映像音響装置がホストでもスレーブでもない未確定状態であるため、TV1000、アンプ1010両方がホストとなる可能性があるためである
  • 群組模塊 818可識別可用發射天線並將可用發射天線組織成 N個群組,其中 N是正整數且是廣告天線的數目。
    グループモジュール818は、利用可能な送信アンテナを識別し、利用可能な送信アンテナをN個のグループに編成することができ、ただし、Nは、正の整数であり、アドバタイズアンテナの数である
  • 圖 3是按照一些實施例的包括四線接口的多無線電平台的功能簡圖。
    図3は、ある実施形態に従う4線式インターフェースを有するマルチラジオプラットフォームの機能図である
  • 圖 7是對在無線通信環境中的上行鏈路上使用的波形類型進行識別的系統 700。
    図7は、無線通信環境においてアップリンクで利用されている波形タイプを識別するシステム700の例示である
  • 例如,這樣的情況,其中,從某個線索或前一線索通過淡入淡出、擦除等到下一線索的轉變被指定,並且該轉變所需的轉變時間比給予前一線索的時間段長。
    例えば、あるキュー(前のキュー)から次のキューにフェード、ワイプなどによって遷移することが指定されており、その遷移に要する遷移時間が、前のキューに与えられている時間よりも長い場合
  • 此時,當對象是“線條畫”或“表”對象時,不需要步驟 S1107中產生的向量路徑描述來產生透明框,使得可從存儲單元 211刪除向量路徑描述。
    このとき、当該オブジェクトが『線画』、『表』オブジェクトである場合、ステップS1107で生成されたベクトルパス記述は透明枠生成には不要であるため、記憶部211から削除することが可能である
  • 傳統上,每條線 1002是直接與顯示器像素相應的直線。
    伝統的に、各々のライン1002は、ディスプレイのピクセルに直接対応する真直なラインである
  • 4.根據權利要求 1所述的通信設備,其中,所述分布式常數線路是形成在印刷板上的微帶線。
    4. 前記分布定数線路は、プリント基板上に形成されたマイクロストリップラインである請求項1〜3のいずれか一項に記載の通信装置。
  • 備選地,可以簡單地拒絕該接入請求,如虛線步驟 410a所示。
    あるいは破線のステップ410aにより示すように、アクセス要求を単に拒否することできる。
  • 圖 90是圖示連接信源裝置和信宿裝置的 HDMI線纜的 HDMI端子的管腳陣列的圖。
    【図90】ソース機器およびシンク機器のHDMIケーブルが接続されるHDMI端子のピン配列(タイプA)を示す図である
  • 圖 2示出了用於以信號的形式發送無線通信環境中的上行鏈路傳輸的波形類型的示例性系統。
    【図2】図2は、無線通信環境におけるアップリンク送信のために利用されている波形タイプをシグナルするシステムの例示である
  • 6.如權利要求 1所述的轉發器,其中,所述第一天線的第一環響應高頻帶,而所述第一天線的第二環響應低頻帶,並且所述第一環和第二環同心。
    6. 第1のアンテナの第1のループが高周波数帯域に応答しかつ第1のアンテナの第2のループが低周波数帯域に応答し、かつ第1のループが第2のループと同心である、請求項1に記載のリピータ。
  • 圖 26是圖示以不同的量化階距在偶數線和奇數線上的 AD轉換的示例 (模擬 CDS的示例 )的圖。
    【図26】図26は、偶数ラインと奇数ラインとを異なる量子化ステップでAD変換する例(但し、アナログCDSの場合)を示した図である
  • 21.根據權利要求 18的發送器,其中所述並行數據總線為微帶線路總線。
    21. 前記並列データバスはマイクロストリップ線バスである、請求項18に記載の送信機。
  • 圖 27是圖示以不同的量化階距在偶數線和奇數線上的 AD轉換的示例 (數字 CDS的示例 )的圖。
    【図27】図27は、偶数ラインと奇数ラインとを異なる量子化ステップでAD変換する例(但し、ディジタルCDSの場合)を示した図である
  • 一個或更多接入終端 120可以配備多個天線以實現特定功能。
    1つ又は複数のアクセス端末120は、ある機能を可能にするために、マルチプルな複数のアンテナを備えられることができる。
  • 另外,坐標 (A,T,G),在確定場景是風景場景的時候在圖 13所示的程序曲線圖描繪出的粗線上被檢測出,在確定場景是默認場景的時候在圖 14所示的程序曲線圖描繪出的粗線上被檢測出。
    座標(A,T,G)はまた、確定シーンが風景シーンであるとき図13に示すプログラム線図に描かれた太線上で検出され、確定シーンがデフォルトシーンであるとき図14に示すプログラム線図に描かれた太線上で検出される。
  • 已提出或實施各種無線接入技術以使得移動站能夠與其他移動站或與耦合到有線網絡的有線終端進行通信。
    移動局が他の移動局または有線ネットワークと接続された有線端末と通信するために、様々な無線アクセス技術が提案され、あるいはインプリメントされている。
  • 圖 9示出了能夠對在無線通信環境中使用的波形類型進行指示的示例性系統。
    【図9】図9は、無線通信環境において適用されている波形タイプを示すことを可能にするシステムの例示である
  • 雖然在一個實施例中發射機 130是 802.11x或 802.15.3a無線發射機,但是應該同樣意識到,發射機 130也可以根據多種其他有損協議發射數據。
    ある実施形態において送信機130は802.11xまたは802.15.3aワイヤレス送信機であるが、送信機130は、数多くの他の損失の多いプロトコルに従ってデータを送信しても良いことがまた同様に認識されるべきである
  • 圖 4示出了有助於識別在無線通信環境中使用的波形類型的示例性方法。
    【図4】図4は、無線通信環境において適用されている波形タイプを識別することを容易にする方法の例示である
  • 如圖 3中說明,示範性實施例中使用的天線可配置為“環形”天線 150,其在本文中也可稱為“磁性”、“諧振”或“磁諧振”天線。
    図3に示すように、例示的な実施形態において使用されるアンテナは、「ループ」アンテナ150として構成されることができ、ここでは、「磁気」、「共振」、または「磁気共振」アンテナと称される場合もある
  • 圖 7是圖示連接信源裝置和信宿裝置之間的 HDMI線纜的 HDMI端子的管腳排列(類型 A)的表。
    【図7】ソース機器およびシンク機器のHDMIケーブルが接続されるHDMI端子のピン配列(タイプA)を示す図である
  • 三扇區基站 202包括多組天線,一組包括天線 204和 206,另一組包括天線208和210,第三組包括天線212和214。
    3セクタ基地局202は複数のアンテナグループを含んでおり、あるグループはアンテナ204および206を含み、別のグループはアンテナ208および210を含み、第3のグループはアンテナ212および214を含む。
  • 圖3為使用基於質數的方法以用於在無線通信環境中交錯CQI發射的實例系統的說明。
    【図3】図3は、無線通信環境において、CQI送信をインタリーブするために素数ベースのアプローチを適用するシステムの実例である