れからダイ

—— 日文翻譯成中文

google翻譯

Rekara死
  • 0

百度翻譯

凹模
  • 0

有道翻譯

被從模塊
  • 0

騰訊翻譯

自鑄
  • 0

yandex翻譯

它是從
  • 0

babylon翻譯

從沖
  • 0

雙語例句

  • 所接收的廣播信號從雙工器 14向定向耦合器 12傳遞,並且在第二端子 B處從反射器設備 30輸出。
    受信されるブロードキャスト信號は、ダイプレクサ14から方向性結合器12に通過され、第二の端子Bで反射裝置30から出力される。
  • 在圖 3的無線通信設備 14的實施例中,計算機平台 82還包括可從該無線設備開啟直接通信信道的直接通信接口 92(例如,用於 PTT呼叫中的半雙工語音通信 )。
    図3の無線通信裝置14の実施形態で、コンピュータプラットフォーム82は無線裝置からダイレクト通信チャネル(例えば、PTTコールの半二重音聲通信)をオープンできるダイレクト通信インタフェース92をも含む。
  • 從本周開始打一份給直郵廣告封口的零工。
    今週からダイレクトメールの封書閉じのアルバイトを始めた。
  • 這些液晶面板調製的光從3方向入射分色稜鏡1112。
    そして、これらの液晶パネルによって変調された光は、ダイクロイックプリズム1112に3方向から入射される。
  • 圖 4是表示由從鄰近基站以規定間隔周期性地發送的控制信號 (記作其他小區CCH(Common Channel,公用信道 ))引起的動態範圍的變動的圖,該圖 (a)表示鄰近基站的控制信號到來之前的動態範圍,該圖 (b)表示鄰近基站的控制信號已到來的情況的動態範圍。
    図4は、近接基地局から所定の間隔で周期的に送信される制御信號(他セルCCH(Common Channel)と表記)に起因するダイナミックレンジの変動を示す図であり、同図(a)は近接基地局の制御信號が到來する前のダイナミックレンジを、同図(b)は近接基地局の制御信號が到來した場合のダイナミックレンジを、それぞれ示している。
  • 圖 6是示出根據本發明示例性實施例的同步過程的流程圖,在其中在兩個對話(對話 1和對話 2)中、從客戶端傳送到兩個不同服務器端的更新請求消息變為同步。
    図6は、本発明の例示的な実施形態に従う同期手順を示すフロー図であり、ここで、2つのダイアログ(ダイアログ1及びダイアログ2)の中でクライアント端末から2つの異なるサーバ端末へ送信されるリフレッシュ要求メッセージが、同期されるようになる。
  • 當執行步驟 5-22時,其包括將第一 HTTP網頁請求從客戶終端 CT重定向到被稱為主機』的另一因特網主機。
    ステップ5−22が実行されるとき、ステップ5−22は、最初のHTTPページ要求の出力先を、クライアント端末PCからHost』と呼ばれる別のインターネットホストへリダイレクトすることを含む。
  • 在無線設備的此實施例中,計算機平台 82還包括可從該無線設備打開直接通信信道的直接通信接口 92(例如,無線電承載 )。
    本実施形態の無線デバイスでは、コンピュータプラットフォーム82はまた、無線デバイスからダイレクト通信チャネルをオープンし得るダイレクト通信インターフェース92(例えば無線ベアラ)を含む。
  • E/O轉換器 23基於從 P/S轉換器 22輸入的串行信號來驅動激光二極管。
    E/O変換部23は、P/Sコンバータ22から入力されるシリアル信號に基づいてレーザダイオードを駆動する。
  • O/E轉換器 24包括光電二極管並且將從光纖線纜 4輸入的光信號轉換成電信號。
    O/E変換部24は、フォトダイオードを有し、光ファイバケーブル4から入力される光信號を電気信號へ変換する。
  • 之後,我每年都去一個地方潛水。
    それから、私は毎年どこかへダイビングをしに行っています。
  • WEB客戶端 24接收來自重定向部 44的 HTTP重定向,在時刻 T26,向分配部 40發送具有全局地址: 全局端口「1.1.1.1:10000」的 TCP分組 102。
    WEBクライアント24は、リダイレクト部44からのHTTPリダイレクトを受信して、時刻T26にてグローバル・アドレス:グローバル・ポート「1.1.1.1:10000」を有するTCPパケット102を振分け部40に送信する。
  • 當照相機 202從後向前地 (在對象空間中 )跨過視場 224掃描時,照相機 202開始從光電二極管列 206的組曝光光電二極管列。
    カメラ202は、(対象空間において)後ろから前へ視野224を全體にわたってスキャンし、カメラ202は、フォトダイオード縦列206群から、フォトダイオード縦列を露光し始める。
  • 現在將說明基於來自數字照相機 20的打印圖像執行直接打印的打印處理時的處理。
    ここでは、ダイレクトプリントによりデジタルカメラ20からの印刷畫像に基づいて印刷を行なう場合の処理について説明する。
  • O/E轉換器 24包括光電二極管,並且將從光纖線纜 4輸入的光信號轉換成電信號。
    O/E変換部24は、フォトダイオードを有し、光ファイバケーブル4から入力される光信號を電気信號へ変換する。
  • 她從埃弗勒斯峰上空高空跳傘。
    彼女はエベレスト上空からスカイダイビングした。
  • 圖 4是說明由從鄰近基站發送的控制信號引起的動態範圍的變動的圖。
    【図4】近接基地局から送信される制御信號に起因するダイナミックレンジの変動を説明する図である。
  • 在這種情況下,當用戶在 SDAA 104捕捉線路之後從電話機 128輸入撥號脈衝信號時,VoIP適配器 124將該撥號脈衝信號識別為具有前綴「1」的撥號脈衝信號,而將線路連接到具有錯誤的電話號碼的目的地。
    その場合、SDAA104による回線捕捉の後に、ユーザがダイヤルパルス信號を電話機128から入力すると、先頭に「1」が付加されたダイヤルパルス信號としてVoIPアダプタ124に認識され、誤った電話番號へ回線が接続されることになる。
  • 如果搜索盤的操作模式被設置為可變模式,則行進速度可響應於搜索盤的旋轉角度而被改變為 -1倍到 3倍的行進速度。
    サーチダイヤルの動作モードが、バリアブルモードに設定された場合、サーチダイヤルの回転角度に応じて、進行速度を、−1倍から3倍の進行速度に変更できる。
  • 例如,光電轉換器件 PD-1到 PD-4是光電二極管。
    光電変換素子PD−1〜PD−4は、例えばフォトダイオードから構成される。
  • 在第二檢測開關 11從關閉狀態改變到打開狀態的時刻 (timing),錄音等級被固定到此時由錄音等級設定撥盤 2設定的錄音等級。
    そして、第2の検出スイッチ11がオフ狀態からオン狀態に変化するタイミングで、録音レベルをそのときに録音レベル設定ダイアル2によって設定されている録音レベルに固定している。
  • 打印機控制單元 43連接到圖像控制 CPU5,通過串行通信線路輸入從圖像控制CPU5傳送來的打印控制信號 S43,從而控制激光二極管 41及打印機單元 24。
    プリンター制御部43は、畫像制御CPU5に接続され、シリアル通信線を介して畫像制御CPU5から転送されてくるプリント制御信號S43を入力してレーザーダイオード41及びプリンター部24を制御する。
  • 由於這是從客戶終端請求第二 (或更多 )網頁,網關應用不再重定向 HTTP請求而在步驟 5-32中將其轉發給主機。
    これは、クライアント端末からの2度目(またはそれ以上)のページ要求であるため、ゲートウェイアプリケーションはもはやHTTP要求をリダイレクトせずに、ステップ5−32において、これをホストに中継する。
  • 此處,將代表性地說明將通過合成來自包括光電二極管 101-1的像素和包括光電二極管 101-3的像素的信號而獲得的信號輸出到第一列讀出線 c1的操作。
    ここでは、代表的に、フォトダイオード101−1を含む畫素およびフォトダイオード101−3を含む畫素から合成された信號を第1列読出線c1に出力する動作を説明する。
  • 虛擬重定向 142提供從可管理性引擎 140和 /或服務 122到 CPU以及引導和 BIOS功能性的通道。
    仮想リダイレクト142は、管理エンジン140および/またはサービス122からCPU、さらにはブートおよびBIOS機能へのチャネルを提供する。
  • 以平板顯示器的形式 (諸如,彩色顯示管 (CDT)、彩色顯像管 (CPT)、多媒體顯示管(MDT)、LCD、PDP、OLED或 LED)來準備顯示單元 130,並且顯示單元 130顯示廣播信號的手冊文件或圖像信號。
    ディスプレイ部130は、カラー表示管(CDT)、カラー受像管(CPT)、マルチメディア表示管(MDT)、液晶ディスプレイ(LCD)、プラズマディスプレイ(PDP)、有機発光ダイオード(OLED)又は発光ダイオード(LED)などの平板ディスプレイであって、使用説明書ファイル又は放送信號の畫像信號を表示する。
  • 2.企業用戶通過從其企業電話的 PSTN分機撥打企業號碼來呼叫另一用戶。
    2.企業內のユーザが別のユーザを呼び出すが、これは企業內の電話のPSTN內線から企業の企業電話番號をダイヤルすることにより行う。
  • 此處,將代表性地說明從包括光電二極管 101-1的像素向第一列讀出線 c1輸出信號的操作。
    ここで、代表的に、フォトダイオード101−1を含む畫素から信號を第1列読出線c1に出力する動作を説明する。
  • 打印機 10是根據從記錄介質 (例如存儲卡 MC等 )取得的圖像數據打印圖像的、與所謂直接打印對應的彩色打印機 (例如彩色噴墨打印機 )。
    プリンタ10は、記録メディア(例えば、メモリカードMC等)から取得した畫像データに基づき畫像を印刷する、いわゆるダイレクトプリントに対応したカラープリンタ(例えば、カラーインクジェットプリンタ)である。
  • 具體地,在自從在時間 t2信號電荷 S1開始在光電二極管 141中累積之後過去預定曝光時間 T1的時間 t8,轉移脈衝 TRC1被施加至柵電極 171A,第一 CCD柵極 171導通。
    具體的には、時刻t2においてフォトダイオード141への信號電荷S1の蓄積が開始されてから所定の露光時間T1が経過した時刻t8において、ゲート電極171Aに転送パルスTRC1が印加され、第1CDDゲート171がオンする。
  • 具體地,自從在時間 t9信號電荷 S2開始在光電二極管 141中累積之後過去預定曝光時間 T2的時間 t13,轉移脈衝 TRC1被施加至柵電極 171A,第一 CCD柵極 171導通。
    具體的には、時刻t9においてフォトダイオード141への信號電荷S2の蓄積が開始されてから所定の露光時間T2が経過した時刻t13において、ゲート電極171Aに転送パルスTRC1が印加され、第1CDDゲート171がオンする。
  • 網關裝置 20中的重定向部 44的監視功能部 122以預定的周期監視針對 FQDN 72的全局地址 74的值是否從「1.1.1.1」變更成了其它值。
    ゲートウェイ裝置20におけるリダイレクト部44の監視機能部122は、FQDN 72に対するグローバル・アドレス74の値が「1.1.1.1」から他の値に変更されたか否かを所定の周期で監視する。
  • 根據示範實施例,所接收的廣播信號從雙工器 14傳遞到定向耦合器 12,並且在第二端子 B處從反射器設備 30輸出。
    例示的な実施の形態によれば、受信されたブロードキャスト信號は、ダイプレクサ14から方向性結合器12に通過され、第二の端子Bで反射裝置30から出力される。
  • 照相機 210從後向前地 (在對象空間中 )曝光列 208的組中的光電二極管列以捕捉視場 226。
    カメラ210は、視野226をキャプチャーするように、(対象空間において)後ろから前へ、縦列208群におけるフォトダイオード縦列を露光する。
  • 數字署名獲取部 210獲取文件獲取部 201為了直接打印而從外部存儲裝置 50獲取的、附加給加密文件的數字署名。
    デジタル署名取得部210は、ファイル取得部200がダイレクトプリントを行うために外部記憶裝置50から取得した、暗號化されたファイルに付加されたデジタル署名を取得する。
  • E/O轉換器 23包括激光二極管並且基於從 P/S轉換器 22輸入的串行信號來驅動激光二極管。
    E/O変換部23は、レーザダイオードを有し、P/Sコンバータ22から入力されるシリアル信號に基づいてレーザダイオードを駆動する。
  • 原理上,將毫米波信號直接轉換為傳輸對象信號是可能的構思。
    原理的には、ミリ波の信號からダイレクトに伝送対象の信號に変換することも考えられる。
  • 操作單元 211由圖 1所示的快門按鈕 103、各種操作按鈕 106、模式刻度盤 105構成,並通過這些部件將用戶的指示通知給圖像控制單元 202。
    操作手段211は、図1に示すシャッターボタン103、各種操作ボタン106、モードダイヤル105から構成され、これらを通じてユーザの指示を畫像制御手段202に通知する。
  • 在時段 S3的讀出中,在從時段 S2開始的曝光時段期間通過光電轉換產生的電荷Qi1被加入,並且電荷 (Qi1+Q0)被保持在光電二極管 21中。
    期間S3の読み出しでは、期間S2からの露光期間中に光電変換によって発生した電荷Qi1がフォトダイオード21に加わり、當該フォトダイオード21に(Qi1+Q0)なる電荷が保持される狀態になる。
  • 在打印機單元 24,從激光二極管 41射出的激光照射到感光鼓 26而形成靜電潛像。
    プリンター部24では、レーザーダイオード41から出射されたレーザー光が感光體ドラム26に照射されて靜電潛像を形成するようになる。