アクロスションプ

—— 日文翻譯成中文

google翻譯

在整個部署拖鞋
  • 0

百度翻譯

アクロスションプ
  • 0

有道翻譯

アクロスションプ
  • 0

騰訊翻譯

橫穿
  • 0

yandex翻譯

選項
  • 0

babylon翻譯

降低交叉釋放深度
  • 0

雙語例句

  • 訪問平台提供商域 1103和網絡提供商域 1102兩者的內容傳遞單元 1107將從 IPTV服務提供商提供的聚合的內容傳遞到消費者域 1101。
    プラットフォームプロバイダードメイン1103及びネットワークプロバイダードメイン1102の雙方にアクセスするコンテンツ伝達部(Content Delivery Unit)1107は、IPTVサービスプロバイダーから提供されるアグリゲーションされたコンテンツを消費者ドメイン1101に伝達する。
  • 圖 5中說明用於主動地補償死區的實施例,圖 5展示用於在移動裝置 111上實施以基於其位置來調整其數據發射速率的過程 500。
    デッドゾーンをプロアクティブに補償するための一実施形態を、そのロケーションに基づいてそのデータ送信レートを調整するためにモバイルデバイス111上で実現するためのプロセス500を示す図5で説明する。
  • 一旦執行了呼叫作用中動畫例程103,處理器便返回到主循環例程,步驟 112。
    いったんコールアクティブアニメーションルーチン103が実行されると、プロセッサは、メインループルーチンに戻る(ステップ112)。
  • 就這點而言,儘管處理器可訪問存儲器系統 140顯示為與數據處理系統 110分離,本領域技術人員應知曉處理器可訪問存儲器系統 140可以完全或部分地位於數據處理系統 110內。
    これに関して、プロセッサ・アクセス可能メモリシステム140がデータ処理システム110から離れて示されているが、當業者は、プロセッサ・アクセス可能メモリシステム140がデータ処理システム110內に完全に又は部分的に記憶され得ることを理解するであろう。
  • 一旦接收到中斷信號,副處理器 110首先通過訪問處理器間通信單元 117中的內部寄存器來檢查所通知的信息,然後通過將「0」寫入預定位中來使其狀態返回到初始狀態。
    割込み信號を受信したサブプロセッサ110は、プロセッサ間通信部117の內部レジスタへアクセスを行って通知內容を確認した後、所定ビットに"0"を書込んで初期狀態に戻す。
  • 如果話音呼叫會話正在作用中 (即,測試 150=「是」),那麼處理器可以與上述的方式類似的方式來激活呼叫作用中動畫例程,步驟 103。
    音聲コールセッションがアクティブである場合(すなわち、テスト150=「Yes」)、プロセッサは、上述されたのと同様の方法において、コールアクティブアニメーションルーチンを活性化することができる(ステップ103)。
  • 在圖 4所示的桌面畫面中,作為已起動的應用程序開啟了兩個文檔製作程序的窗口 41、42,位於最前面的窗口 42所示的文檔製作程序處於有效的狀態。
    図4に示すデスクトップ畫面40では、起動しているアプリケーションプログラムとして2つの文書作成プログラムのウインドウ41、42が開いており、最前面にあるウインドウ42で示した文書作成プログラムがアクティブな狀態にある。
  • 例如,主處理器 104經由本地總線 107訪問處理器間通信單元 117,以將處理器間通信單元 117內的預定位設置為「1」。
    例えば、メインプロセッサ104からローカルバス107経由でプロセッサ間通信部117へアクセスを行って、內部の所定ビットを"1"とする。
  • 一旦已執行呼叫作用中動畫例程,處理器便可繼續監視話音呼叫會話狀態以便確定話音呼叫會話何時結束,步驟 155。
    いったんコールアクティブアニメーションルーチンが実行されると、プロセッサは、いつ音聲コールセッションが修了するかを決定するために音聲コールセッションステータスを監視し続けることができる(ステップ155)。
  • 如果話音呼叫會話保持在作用中 (即,測試 155=「是」),那麼處理器將繼續監視話音呼叫會話狀態,步驟 155。
    音聲コールセッションがアクティブのままである場合(すなわち、テスト155=「Yes」)、プロセッサは、音聲コールセッションステータスを監視し続けるであろう(ステップ155)。
  • 在本說明書中描述的過程和邏輯流可以被執行一個或多個計算機程序的一個或多個可編程處理器執行,以通過操作輸入數據和產生輸出來執行動作。
    本明細書で説明されたプロセスおよび論理フローは、入力データに操作を施して出力を生成することによってアクションを実行するために、1つまたは複數のコンピュータプログラムを実行する1つまたは複數のプログラム可能プロセッサによって実行することができる。
  • 在步驟 S703中,主處理器 104將主系統 101中起動的應用生成的發送數據以及發送數據的訪問類別,存儲在公用存儲器 109中的預定存儲區域中。
    ステップS703において、メインプロセッサ104は、メインシステム101で起動しているアプリケーションによって生成された送信データと、送信データのアクセスカテゴリとを共通メモリ109の所定の記憶領域に格納する。
  • 如果建立超過這個值的孔,則將 PE行為改變為放棄。
    この値を超過する穴が作られる場合、PEアクションは、ドロップに変更される。
  • 或者,RDS旗標可激活致使手持裝置 10接入服務器的應用程序,所述服務器告知應用程序可供下載的軟件和數據更新以及應刪除的軟件或數據。
    代替的に、RDSフラグは、アプリケーションをアクティブ化してもよく、ダウンロードに利用可能なソフトウェアおよびデータ更新を、ならびに、削除すべきソフトウェアまたはデータを、アプリケーションに知らせるサーバへのアクセスをこのアプリケーションはハンドヘルドデバイス10に実行させる。
  • 處理器 12可隨後確定將被激活或通知 RDS數據緩衝器中 RDS數據的存在的應用程序 (步驟 422)。
    プロセッサ12は、アクティブ化されるであろうアプリケーション、または、RDSデータバッファ中のRDSデータの存在を通知するであろうアプリケーションを決定する、ステップ422。
  • 如果這樣,則在步驟 620,將 PE行為改變為放棄,並且處理進行至阻止節點 622。
    そうである場合は、PEアクションは、ステップ620でドロップに変更され、処理は、BLOCKノード622に進む。
  • 附加步驟、框、或動作可被添加在這些方法和過程的開始、結束、或居於現有要素之間。
    追加のステップ、ブロック、またはアクションを、方法およびプロセスの開始、終了、または介在する既存の要素に追加することができる。
  • 如果步驟 914確定當前 PE行為是未知或通過,則收集間隔期滿,並且 PE行為應該改變為放棄 (步驟 916)。
    ステップ914が、現在のPEアクションが不明または通過であると決定する場合、収集間隔は終了しており、PEアクションはドロップに変更されるべきである(ステップ916)。
  • 如果處理單元 240確定一個或多個發射機 210(1)-210(n)不是活動的,過程 300結束。
    もし処理ユニット240が1又は複數の送信機210(1)〜210(n)はアクティブではないと判定するならば、プロセス300は終了する。
  • 圖 7示出訪問處理過程 600,在此處理生物測量信號 102(見圖 2),以便提供對受控項 111的訪問或者採取其它動作。
    図7は、制御されたアイテム111へのアクセスを行うために、あるいは別のアクションをとるために生物測定信號102(図2參照)が処理されるアクセスプロセス600を示している。
  • 在步驟 S711中,主處理器 104將由主系統 101中起動的應用生成的發送數據以及改變後的訪問類別存儲在公用存儲器 109中的預定存儲區域中。
    ステップS711において、メインプロセッサ104は、メインシステム101で起動しているアプリケーションによって生成された送信データと、変更されたアクセスカテゴリとを共通メモリ109の所定の記憶領域に格納する。
  • 作為第一步驟,可例如通過從存儲器 14加載到處理器12內的作用軟件存儲器中而激活休眠應用程序 (步驟 600)。
    第1のステップとして、例えば、メモリ14からプロセッサ12內のアクティブなソフトウェアメモリにロードさせていることなどによって、活動休止のアプリケーションがアクティブ化される、ステップ600。
  • 會話狀態數據庫明顯地減少通過片段操作處理 Y02確定要在隨後會話數據報上採取什麼行為所需的時間。
    セッション狀態データベースは、後続のセッションデータグラムに対してどんなアクションを取るべきか確認するのにフラグメント処理プロセスY02によって必要とされる時間を著しく減少させる。
  • 因此,響應於來自客戶端計算機 104的用於訪問服務器應用程序實例 204、205和 206的請求,隨機選擇服務器應用程序實例 204、205和 206之一,並與客戶端計算機 104連接。
    従って、サーバ・アプリケーション・プログラムのインスタンス204、205、206にアクセスするためのクライアント・コンピュータ104からの要求に応答して、サーバ・アプリケーション・プログラムの1つのインスタンス204、205、206が無作為に選択され、クライアント・コンピュータ104と接続される。
  • 如果,在步驟 512,PE行為是放棄,則放棄 (丟棄 )緩衝存儲的片段 (多個 )(步驟 518),並且同樣地放棄所有隨後接收的有效片段 (步驟 520)。
    ステップ512で、PEアクションがドロップである場合、バッファリングされたフラグメントはドロップされ(廃棄され)(ステップ518)、その後に受信された有効なフラグメントは同様にドロップされる(ステップ520)。
  • 典型地,軟件應用可在被訪問和加載到處理器 21之前存儲在內部存儲器 22中。
    典型的には、ソフトウェアアプリケーションは、アクセスしてプロセッサ21內にローディングする前に內部メモリ22に格納することができる。
  • 如果不匹配於狀態記錄和規則集,則在步驟 712,將 PE行為改變為放棄,並且處理繼續至阻止節點 714。
    狀態記録も規則も適合しない場合は、ステップ712で、PEアクションはドロップに変更され、処理は、BLOCKノード714に続く。
  • 通常,軟件應用程序在被存取和加載到處理器 191中之前可存儲在內部存儲器 192中。
    典型的に、ソフトウェアアプリケーションは、それらがアクセスされ、プロセッサ191にロードされる前に、內部メモリ192に記憶されることができる。
  • 在該步驟中,可以在 IMS核心或本地網關處接收和處理接入請求,這取決於基於 IMS的 ACL存儲和維護的位置,下文詳細描述。
    このステップで、アクセス要求を受信し、IMSベースACLを格納し、保持する場所に応じてIMSコアまたはローカル・ゲートウェイの何れかで、アクセス要求を処理することができ、これを以下でさらに詳細に説明することにする。
  • 處理器可訪問存儲器系統 140可以是分布式處理器可訪問存儲器系統,包括通過多個計算機和 /或裝置可通信地連接到數據處理系統 110的多個處理器可訪問存儲器。
    プロセッサ・アクセス可能メモリシステム140は、複數のコンピュータ及び/又は裝置を介してデータ処理システム110に通信的に接続された複數のプロセッサ・アクセス可能メモリを含む分散型プロセッサ・アクセス可能メモリシステムであり得る。
  • 本地設備可以根據終端所採用的應用程序通過一個以上的非默認 NSPn接入互聯網。
    端末で使用するアプリケーションに応じて、ローカル裝置は、複數の非デフォルトNSPnを介してインターネットにアクセスすることができる。
  • TIME_INTERVAL_DISCARD字段444指示PE行為可保持放棄的毫秒數,即放棄間隔。
    TIME_INTERVAL_DISCARDフィールド444は、PEアクションがドロップのままであってよいミリ秒數、すなわちドロップ間隔を示す。
  • 當處理了所有片段並且重發完成時,在步驟 814,將 PE行為設置為放棄,即,將 DROP字段 416設置為真 (步驟 J15),將 TIMEOUT 446設置為 TIME_INTERVAL_DISCARD 444,並且處理進行至步驟 804。
    すべてのフラグメントが処理され、再送が完了すると、ステップ814でPEアクションはドロップに設定され、すなわちDROPフィールド416は真に設定され(ステップJ15)、TIMEOUT 446は、TIME_INTERVAL_DISCARD 444に設定され、処理は、ステップ804に進む。
  • 通過、放棄、或未知。 如果,在步驟 614,PE行為是放棄,則處理進行至步驟 606。
    ステップ614で、PEアクションがドロップである場合は、処理は、ステップ606に進む。
  • 當「1」被寫入處理器間通信單元 117內的預定位時,處理器間通信單元 117向副處理器 110斷言中斷信號,並且通知來自主處理器 104的訪問請求。
    プロセッサ間通信部117の內部の所定ビットに"1"が書込まれると、サブプロセッサ110に対して割込み信號をアサートしてメインプロセッサ104からのアクセス要求が通知される。
  • 舉例來說,在無嵌入式應用程序數據的情況下,應用程序處理器 124可經配置以完全不激活以實現功率節約,使得僅要求調製解調器處理器 122活動以為經聯機的計算機 130處理數據。
    たとえば、埋め込み式アプリケーションデータがない場合、アプリケーションプロセッサ124は、テザードコンピュータ130用のデータを処理するためにモデムプロセッサ122だけがアクティブであることを必要とされるよう、電力節約のために完全に非アクティブ化するように構成され得る。
  • 在這種情況下,在步驟 620,將 PE行為改變為放棄。
    この場合、PEアクションは、ステップ620で、ドロップに変更される。
  • 在圖 6的步驟 624或圖 7的步驟 718,當接收片段在一個或多個系統、區域、或規則過濾策略中失敗並且將 PE行為設置為放棄時,處理到達阻止節點 622。
    受信フラグメントが1つまたは複數のシステム、ゾーンまたは規則フィルタポリシーに失敗するとき、処理は、BLOCKノード622に到達し、PEアクションが、図6のステップ624または図7のステップ718でドロップに設定される。
  • 如果處理單元 240確定一個或多個發射機 210(1)-210(n)是活動的,則過程 300繼續到步驟 350。
    もし処理ユニット240が1又は複數の送信機210(1)〜210(n)はアクティブであると判定するならば、プロセス300はステップ305へ続く。
  • 如果,相反,在步驟 914,PE行為是放棄,則放棄間隔期滿,並且從 FP列表刪除PE(步驟 918)。
    そうではなく、ステップ914のPEアクションがドロップである場合、ドロップ間隔は終了しており、このPEは、FPリストから削除される(ステップ918)。