スキールタッチ

—— 日文翻譯成中文

google翻譯

松鼠觸摸
  • 0

騰訊翻譯

  • 0

yandex翻譯

技能觸摸
  • 0

雙語例句

  • 觸摸面板 (顯示器 )92檢測通過用戶手指的觸摸或事先準備的電子筆 (e-pen)95進行的指示 (控制 )輸入,向 MPU 91輸入 (指示 )例如複印開始、掃描開始、掃描數據或FAX數據的顯示、圖像合成等的啟動。
    タッチパネル(ディスプレイ)92は、ユーザの指が触れたことによる、もしくは予め用意された電子ペン(e-pen)95による指示(制御)入力を検出し、例えばコピー、スキャン開始、スキャンデータまたはFAXデータの表示、画像合成等の起動をMPU91に入力(指示)する。
  • 如圖 2所示,圖像形成裝置 10包括 CPU 11、存儲器 12、例如硬盤驅動器 (HDD)的存儲裝置 13、用於通過網絡 30在圖像形成裝置 10和外部裝置等之間進行數據發送 /接收的通信接口 (IF)14、包括觸摸板或液晶顯示器和鍵盤的用戶接口 (UI)裝置 15、掃描儀 16以及打印引擎 17。
    画像形成装置10は、図2に示されるように、CPU11、メモリ12、ハードディスクドライブ(HDD)等の記憶装置13、ネットワーク30を介して外部の装置等との間でデータの送信及び受信を行う通信インタフェース(IF)14、タッチパネル又は液晶ディスプレイ並びにキーボードを含むユーザインタフェース(UI)装置15、スキャナ16、プリントエンジン17を有する。
  • 輸入裝置 18可以包括由用戶控制的鼠標、鍵盤、輸入筆、傳聲器、觸摸屏等以為計算機程序提供用戶輸入。
    入力デバイス18は、ユーザ入力をコンピュータ・プログラムに提供するためにユーザによって制御される、マウス、キーボード、ペン・スタイラス、マイクロフォン、タッチ・スクリーンなどを備えることができる。
  • 即,在第一掃描儀 111或第二掃描儀 112檢測出記錄介質 S的前端的時刻,若記錄介質 S的下端未到達介質端傳感器 47的位置,則記錄介質 S的長度至少在距離 L1或 L2以上。
    つまり、第1スキャナー111または第2スキャナー112が記録媒体Sの先端を検出した時点で、記録媒体Sの下端が媒体端センサー47の位置に達していなければ、記録媒体Sの残り長さが、少なくとも距離L1またはL2以上である。
  • 另外,輸入單元 916是例如鼠標、鍵盤、觸摸面板、按鈕、開關或操作杆。
    また、入力部916としては、例えば、マウス、キーボード、タッチパネル、ボタン、スイッチ、及びレバー等が用いられる。
  • 在圖 7所示的以普通模式顯示功能選擇區域 2000的複印模式初始畫面 7100中,或者,在後述的以快捷模式顯示功能選擇區域 2000的複印模式的初始畫面中,當對圖標模式轉變按鍵 2012進行觸摸操作,點擊操作或者雙擊操作時,以普通模式或者快捷模式顯示在觸摸面板顯示器 130的功能選擇區域 2000的初始畫面,向以圖標模式顯示的初始畫面遷移。
    図7に示す、機能選択領域2000がレギュラーモードで表示されたコピーモードの初期画面において、または、後述する、機能選択領域2000がエキスプレスモードで表示されたコピーモードの初期画面において、アイコンモード移行ボタン2012がタッチ操作、タップ操作またはダブルタップ操作されると、レギュラーモードまたはエキスプレスモードでタッチパネルディスプレイ130に表示された機能選択領域2000の初期画面が、アイコンモードで表示された初期画面へ遷移する。
  • 可在電氣裝置上執行本文中所揭示的各種方面,所述電氣裝置包括利用觸摸屏顯示器技藝和 /或鼠標和鍵盤型接口的裝置。
    本明細書で開示される種々の態様は、タッチスクリーンディスプレイ技術および/またはマウス/キーボードタイプインタフェースを利用するデバイスを含む電気デバイス上で実施され得る。
  • 此外,在記錄介質 S的前端到達了第二掃描儀 112的讀取位置的時刻,介質端傳感器 47繼續檢測記錄介質S的存在的情況下,記錄介質 S至少存在於位置 P5至位置 P1之間。
    また、記録媒体Sの先端が第2スキャナー112の読取位置に達した時点で、媒体端センサー47が記録媒体Sの存在を検出している場合、記録媒体Sは、少なくとも、位置P5から位置P1までの間に存在している。
  • 其中,在該’585公報的圖 1中,由用於切換複印功能、打印功能、掃描功能以及傳真功能的 4個鍵構成的功能切換鍵組被作為硬件按鈕,整齊配置在觸摸面板顯示器的右側。
    なお、この特許文献1の図1には、コピー機能、プリンタ機能、スキャナ機能およびファクシミリ機能を切り換えるための4つのキーから構成される機能切換キー群が、ハードウェアボタンとしてタッチパネルディスプレイの右側に、整列されて配置されている。
  • 在圖 7所示的複印模式的初始畫面 (功能選擇區域 2000以普通模式顯示 ),或者,圖 11所示的複印模式的初始畫面 (功能選擇區域 2000以圖標模式顯示 )中,當對快捷模式轉變按鍵 2022進行觸摸操作,點擊操作或者雙擊操作時,以普通模式或者圖標模式顯示的功能選擇區域 2000的初始畫面,向以快捷模式顯示的初始畫面遷移。
    図7に示す、機能選択領域2000がレギュラーモードで表示されたコピーモードの初期画面、または、図11に示す、機能選択領域2000がアイコンモードで表示されたコピーモードの初期画面において、エキスプレスモード移行ボタン2022がタッチ操作、タップ操作またはダブルタップ操作されると、レギュラーモードまたはアイコンモードでタッチパネルディスプレイ130に表示された機能選択領域2000の初期画面が、エキスプレスモードで表示された初期画面へ遷移する。
  • 用戶接口系統 130可以包括鼠標、鍵盤、觸摸屏、另一個計算機或數據從其輸入到數據處理系統 110的任何其他裝置或裝置的組合。
    ユーザインターフェースシステム130は、マウス、キーボード、タッチスクリーン、他のコンピュータ、あるいはデータがそこからデータ処理システム110に入力される任意の他の装置又は装置の組み合わせを含み得る。
  • 在步驟 113,主要通過識別表現出複雜性的、靠近鄰域中的像素群組來實現特徵的檢測。
    すなわち、ステップ113では、特徴の検出は、複雑性を示す、極めて接近した画素(近接近画素)のグループを識別することによって、主として達成される。
  • 若記錄介質S的前端達到位置 P2,則使用介質寬度傳感器 55測量記錄介質 S的橫寬即副掃描方向上的尺寸,之後,進一步傳送記錄介質 S,記錄介質 S的前端達到位置 P4,進行掃描。
    記録媒体Sの先端が位置P2に達すると媒体幅センサー55を用いて記録媒体Sの横幅すなわち副走査方向におけるサイズが計測され、その後、記録媒体Sはさらに搬送されて、記録媒体Sの先端は位置P4、P5に達し、スキャンが行われる。
  • 圖 4示出了一個例子,在圖 3所示的編輯模式的初始 (默認 )顯示下,例如如果選擇了可進行圖像合成的“SYNTHETIC”顯示 92a,顯示器 (觸摸面板 )92則在顯示區域92-11以規定的大小顯示掃描單元 32讀取的圖像數據、來自 PC的輸出數據或者傳真接收數據等的原始圖像數據 (顯示預覽圖像 )。
    図4に一例を示すが、図3に示した編集モードのイニシャル(デフォルト)表示において、例えば画像合成が可能な“SYNTHETIC”表示92aが選択されると、ディスプレイユニット(タッチパネル)92は、スキャナユニット32が読み取った画像データ、PCからの出力データ、あるいはファクシミリ受信データ等、のオリジナル画像データを、表示領域92−11に、所定の大きさで表示する(プレビュー画像を表示する)。
  • 另外,施力構件 113在寬度方向上以大致均勻的力將第一掃描器111向第二掃描器112側按壓。
    また、付勢部材113は、第1スキャナー111を幅方向に渡って略均一な力で第2スキャナー112側に押し付けている。
  • 在記錄介質 S的前端到達了第一掃描儀 111的讀取位置的時刻,介質端傳感器 47繼續檢測記錄介質 S的存在的情況下,記錄介質 S至少存在於位置 P4至位置 P1之間。
    記録媒体Sの先端が第1スキャナー111の読取位置に達した時点で、媒体端センサー47が記録媒体Sの存在を検出している場合、記録媒体Sは、少なくとも、位置P4から位置P1までの間に存在している。