伝カ

—— 日文翻譯成中文

google翻譯

傳輸方式
  • 0

有道翻譯

傳統甲
  • 0

騰訊翻譯

傳卡
  • 0

yandex翻譯

  • 0

雙語例句

  • 民間傳說聽見喜鵲叫將有喜事來臨。
    ササギの鳴き声を聞くとよいことが起こると一般に言いえられている.
  • 有些蠓能傳染疾病。
    一部のヌ蚊は病気を染する.
  • 槽結構 4E_1和存儲卡 201E_1具有毫米波信號傳輸線 9(介質傳輸線 9A)、毫米波發送和接收端子 232、毫米波傳輸線 234以及天線 136和 236的多個系統。
    スロット構造4E_1およびメモリード201E_1において、ミリ波信号送路9(誘電体送路9A)、ミリ波送受信端子232、ミリ波送路234、アンテナ136,236を複数系統有する。
  • 具體地說,如圖 13A所示,存儲卡 201B類似於根據第一示例的毫米波傳輸結構。
    具体的には、メモリード201Bは、図10(1)に示すように、第1例のミリ波送構造と同様のものである。
  • 童子軍團長委託我幫忙。
    ボーイスウトの隊長に手いを頼まれた。
  • 連接到相機裝置 100的模擬傳輸路徑 92通過模擬輸入塊 111被輸入處理。
    メラ装置100に接続されたアナログ送路92は、アナログ入力部111で入力処理する。
  • 圖 4A到圖 4C是有助於說明應用於根據比較示例的信號傳輸系統 1Z的存儲卡 201Z的概要的圖。
    図2Aは、比較例の信号送システム1Zに適用されるメモリード201Zの概要を説明する図である。
  • 所述音頻總線 217是音頻信號傳輸的局部總線,其在基於採樣周期的時刻以時分的方式將多個信道的波形數據從任意插件逐樣本地傳輸至任意插件。
    オーディオバス217は、任意のードら任意のードへ、複数チャンネルの波形データをサンプリング周期に基づくタイミングで各1サンプルずつ時分割送する音響信号送用ロールバスである。
  • 鹿角兔是傳說中長着鹿角的兔子。
    ジャッロープは説的な角のはえたうさぎである。
  • 因此,通過布線的電子裝置和卡型裝置的信號傳輸仍然存在待解決的困難。
    このように、電子機器とード型装置の信号を電気配線で送するには、依然として解決しなければならない難点がある。
  • 圖 8是更詳細地示出了與圖 7所示網絡 I/F插件 (card)中 TL幀的傳輸相關的功能的視圖。
    【図8】図7に示したネットワークI/FードにおけるTLフレームの送に関する機能をより詳細に示す図である。
  • 圖 4A到圖 4C是有助於說明應用於根據比較示例的信號傳輸系統的存儲卡的概要的圖;
    【図2A】比較例の信号送システムに適用されるメモリードの概要を説明する図である。
  • 在以上描述中,通過自適應濾波處理獲得估計傳播特性,其表明響鈴鈴聲如何變化並被從揚聲器 24發送至麥克風 25。 估計傳播特性可用於控制響鈴鈴聲的音量或音質。
    なお、以上においては、適応フィルタ処理により、鳴動着信音がスピー24らマイクロホン25まで、どのように変化してわったを示す推定播特性が得られると説明したが、この推定播特性が鳴動着信音の音量や音質の制御に利用されてもよい。
  • 宣傳車
    伝カー.
  • 以下參考圖 3A到 4C來描述將經由模擬傳輸路徑 92從適配器裝置 200傳輸到相機裝置 100的模擬基準信號的配置以及此配置中的傳輸處理。
    次に、アダプタ装置200らアナログ送路92を介してメラ装置100に送するアナログリファレンス信号の構成と、その構成で送するための処理について、図3及び図4を参照して説明する。
  • 接着,圖 8中更詳細地示出了與 TL幀 100的傳輸有關的網絡 I/F插件 215的功能。
    次に、図8に、ネットワークI/Fード215におけるTLフレーム100の送に関する機能をより詳細に示す。
  • 如圖 1所示,根據第一實施例的槽結構 4A有助於 (contribute to)電子裝置 101A側的信號產生部分 107和傳輸線耦合部分 108、存儲卡 201A側的信號產生部分 207和傳輸線耦合部分 208,以及毫米波信號傳輸線 9(介質傳輸線 9A)。
    第1実施形態のスロット構造4Aは、図1に示すように、電子機器101A側の信号生成部107および送路結合部108とメモリード201A側の信号生成部207および送路結合部208と、ミリ波信号送路9(誘電体送路9A)に寄与する。
  • 在這種情況下,期望的是,照相機主體 11(或鏡筒 )由諸如金屬的傳熱材料製成。
    この場合には、メラボディ11(もしくはレンズ鏡筒)を金属等の熱性材料にすることが望ましい。
  • 在本實施例的情況下,由模擬傳輸路徑 92傳輸的基準信號與待傳輸到相機裝置 100的命令信號被復用 (multiplex)。
    本実施の形態の場合には、このアナログ送路2で送するリファレンス信号に、メラ装置に送するコマンド信号を重畳してある。
  • 如在根據第一示例的毫米波傳輸結構中那樣,凹陷形狀配置298E_1將存儲卡201E_1固定到槽結構4E_1,並執行用於到槽結構 4E_1的介質傳輸線 9A_1和 9A_2的毫米波傳輸的耦合的對準。
    凹形状構成298E_1は、第1例のミリ波送構造と同様に、スロット構造4E_1に対するメモリード201E_1の固定を行なうとともに、スロット構造4E_1が具備する誘電体送路9A_1,9A_2とのミリ波送の結合に対する位置合せを行なう。
  • 模擬傳輸路徑 92將從控制裝置 300被傳輸到適配器裝置200的基準信號作為模擬基準信號傳輸到相機裝置 100。
    アナログ送路92は、コントロール装置300らアダプタ装置200に送されたリファレンス信号を、アナログリファレンス信号としてメラ装置10に送する送路である。
  • 另一方面,當成像顯示設備 120被視作圖 4中的 CCU 33時,異步傳輸線I/F 129經由異步傳輸線接收從相機 31發送的分組。
    一方、撮像表示装置120を、図4のCCU33として見たときには、非同期送経路I/F129は、非同期送路を介してメラ31送されてくるパケットを受信する。
  • 所述系統接着執行數據包的 MPE封裝且將其嵌入到輸送流中。
    システムはデータパケットのMPEプセル化を実行し、送ストリームの中に埋め込む。
  • 當存儲卡 201J側被設置為發送側時,在反向路徑中發送毫米波。
    メモリード201J側を送信側とする場合は、これと逆の経路でミリ波が達される。
  • 在遺傳基因調節中所有的機構都是重要的。
    子調節には全てのメニズムが重要です。
  • 在步驟 404,WTRU初始化計數器CURRENT_TX_NB,該計數器對當前在緩衝器中MAC協議數據單元(PDU)的傳輸數目進行計數。
    ステップ404で、WTRUはCURRENT_TX_NBウンタを初期化する。 このウンタは、現在バッファ内にあるMACプロトコルデータユニット(PDU)に対して行われた送の数をウントする。
  • 您手上有顧客ID的話請告訴我們。
    スタマーIDがお手元にございましたらおえ下さい。
  • 將從相機裝置 100被傳輸到適配器裝置 200的數字視頻信號也被疊加在命令信號上。
    また、メラ装置100らアダプタ装置200に送するデジタル映像信号にも、コマンド信号を重畳してある。
  • 圖 8是更詳細地示出了與圖 7中所示網絡 I/F插件 (card)中 TL幀的傳輸相關的功能的視圖。
    【図8】図7に示したネットワークI/FードにおけるTLフレームの送に関する機能をより詳細に示す図である。
  • 在這種情況下,期望的是由諸如金屬材料和陶瓷等具有高導熱性的傳熱材料來形成照相機主體 11。
    この場合は、メラボディ11を金属材料、セラミック等の熱導性の高い熱性材料で形成することが望ましい。
  • 在上述實施例中,用於信號傳輸的相機裝置的配對物是適配器裝置;
    また、上述した実施の形態では、メラ装置と送を行う相手としてアダプタ装置としたが、メラ装置が出力する映像信号を受信又は中継する装置であれば、その他の構成の処理装置とメラ装置との間で送を行う場合に適用してもよい。
  • 另一方面,當判斷無線傳輸率的值大於圖像傳輸率的值時,發送控制部分 163遞增對等待時間計數的計數器值 (步驟 S103),並將遞增的計數器值與閾值相比較 (步驟S104)。
    また、送信制御部163は、無線送レートの値が画像送レートの値より大きいことを判断すると、待機時間をウントするウンタの値をインクリメントし(ステップS103)、インクリメントされたウンタの値と閾値とを比較する(ステップS104)。
  • 例如,當成像顯示設備 120被視作圖 4中的相機 31時,異步傳輸線 I/F 129經由異步傳輸線將分組發送到 CCU 33。
    例えば、撮像表示装置120を、図4のメラ31として見たときには、非同期送経路I/F129は、非同期送路を介してCCU33にパケットを送する。
  • 將從存儲卡控制部分 106到存儲控制部分 206的邏輯控制數據轉換為毫米波信號,並且經由介質傳輸線 9A在傳輸線耦合部分 108和 208之間傳輸毫米波信號。
    メモリード制御部106らメモリ制御部206に対する論理制御データは、ミリ波信号に変換され、ミリ波信号は送路結合部108,208間を誘電体送路9Aを介して送する。
  • 然後,在傳導輻射板 38上方,在每個信道的端部執行蓋 34和可選的溫度補償設備 44的安裝。
    バー34及び随意的な温度補償装置44の固定は、導放射板38の上方の各チャンネル端部においてその後に行われる。
  • 包括 CES分段長度的其他數據可以經由 SFD分段覆蓋碼 128來傳輸。
    CESセグメント長を含む他のデータは、SFDセグメントバーコード128を経由して送され得る。