力負け

—— 日文翻譯成中文

google翻譯

一個人的力量誤導
  • 0

百度翻譯

因用力過猛反而失敗
  • 0

有道翻譯

)歲月
  • 0

騰訊翻譯

力不從心
  • 0

yandex翻譯

只輸出
  • 0

雙語例句

  • 共同導頻信道 (CPICH)、同步信道 (SCH)、共同控制信道 (CCCH)、共享DL控制信道 (SDCCH)、多播控制信道 (MCCH)、共享UL指派信道 (SUACH)、確認信道 (ACKCH)、DL物理共享數據信道 (DL-PSDCH)、UL功率控制信道 (UPCCH)、尋呼指示符信道 (PICH)和負載指示符信道 (LICH)。
    共通パイロットチャネル(CPICH)、同期チャネル(SCH)、共通制御チャネル(CCCH)、共有DL制御チャネル(SDCCH)、マルチキャスト制御チャネル(MCCH)、共有UL割り當てチャネル(SUACH)、肯定応答チャネル(ACKCH)、DL物理共有データチャネル(DL−PSDCH)、UL電制御チャネル(UPCCH)、ページングインジケータチャネル(PICH)、および、負荷インジケータチャネル(LICH)を含む。
  • 下面參考圖 7到圖 9,說明主要負責電力管理系統中的電力管理的電力管理設備 11的結構。
    以下では、図7〜図9を參照しながら、この電管理システムにおける電管理を主に擔う電管理裝置11の構成について説明する。
  • 圖 4是描述從負電源 304輸出的負輸出電壓 Vout(與模擬負電壓 AVSSw相稱 )的調整示例的圖。
    図4は、負電源304から出される負の出電圧Vout (アナログ負電圧AVSSwに対応する)の調整例を説明する図である。
  • 從測力器記錄最大負荷。
    計測器から最大負荷を測定する
  • 光電轉換裝置 100包括多個像素信號輸出單元 110、多個最大值檢測開關 117、多個最小值檢測開關 120、負載單元 102和第三輸出單元 106。
    光電変換裝置100は、複數の畫素信號出部110と、最大値検出用スイッチ117と、最小値検出用スイッチ120と、負荷部102と、第3の出部106と、を含む。
  • 如上所述,通過使用適於通過調整誤差放大單元 310的基準電壓 Vref1來確定負電壓的電路,可以根據累積時間設置以小規模電路容易地調整負電壓電平,而不會不利地影響功耗。
    このように、誤差増幅部310の參照電圧Vref1の調整により負電圧を決定するような迴路を用いることにより、小規模の迴路で蓄積時間設定に応じた負電圧レベルの調整を容易に、かつ、消費電への影響もなく実現することができる。
  • 光電轉換裝置100還包含控制單元(未示出 ),所述控制單元控制像素信號輸出單元 110、用作第一開關的最大值檢測開關 117、用作第二開關的最小值檢測開關 120、以及負載單元 102。
    光電変換裝置100は、畫素信號出部110、第1スイッチである最大値検出用スイッチ117、第2スイッチである最小値検出用スイッチ120、および負荷部102の動作を制御する不図示の制御部をさらに備える。
  • CPU 120可以監視打印機引擎單元 110中設置的負載的狀態,並且檢測這些負載是否處於即使停止對負載的供電也不發生錯誤的正常狀態。
    なお、CPU120は、プリンタエンジン部110が備える負荷の狀態を監視し、負荷への電を停止してもエラーが発生しない正常狀態か否かを検知してもよい。
  • 結果,在輸出端子 304out處產生負輸出電壓 Vout。
    その結果、出端子304out に負の出電圧Vout が生成される。
  • 所產生的開關頻率可將最佳功率效率提供給所述組負載,且可保持於查找表 268中,且可促進對最佳開關頻率的選擇以驅動頻率可縮放的 SMPS平台 215中的一組 SMPS。
    生成されたスイッチング周波數は、ロードのセットに最適な電効率を供給することができ、ルックアップテーブル268に保持することができ、周波數計測可能なSMPSプラットフォーム215にSMPSのセットを駆動するために最適なスイッチング周波數の選択を促進することができる。
  • 在一個實施例中,比較器 701(與圖 2的 205和 213相同 )和 702(與圖 2的 206和 214相同 )接收隨機噪聲信號和斜坡信號 706和 707以產生調製輸出信號的正和負邊沿。
    一実施形態において、比較器701(図2の比較器205及び213と同じもの)及び比較器702(図2の比較器206及び214と同じもの)は、ランダムノイズ信號及びランプ信號706、707を受信して、変調出信號の立ち上がりエッジ及び立ち下がりエッジを生成する。
  • 可縮放頻率 SMPS平台 215包含供電給一組電力網 2351-235N的一組N個 SMPS2181-218N(N為正整數;通常 2≤N≤4),其中每一電力網包括一組特定負載 (例如,用於特定電信功能性的芯片集 )。
    計測可能な周波數のSMPSプラットフォーム215は、送電網のセット2351−235NをパワーアップするN SMPSのセット2181—218N(正の整數N;一般に、2≦N≦4)を具備する。 ここで、各送電網は、特定のロードのセット(例えば、特定の電気通信機能用のチップセット)を含んでいる。
  • 在這種情況下,當 0秒≤ TS< 0.5秒時相對於累計時間設置 TS的輸出端子 304out的輸出電壓 Vout(負電壓電平 )為 -1.0V,當 0.5秒≤ TS< 1.0秒時為 -1.1V-Δ1= -1.15V,當 1.0秒≤ TS< 1.5秒時為 -1.2V-Δ2= -1.3V,當1.5秒≤ TS< 2秒時為 -1.3V-Δ3= -1.45V,且當 2.0秒≤ TS時為 -1.4V-Δ4= -1.6V。 因此,累積時間越長,或者周圍溫度越高,負電壓就越高。
    この場合、蓄積時間設定TSと出端子304out の出電圧Vout (負電圧レベル)との関係は、0秒≦TS<0.5秒では−1.0V,0.5秒≦TS<1.0秒では−1.1V−Δ1=−1.15V,1.0秒≦TS<1.5秒では−1.2V−Δ2=−1.3V,1.5秒≦TS<2.0秒では−1.3V−Δ3=−1.45V,2.0秒≦TSでは−1.4V−Δ4=−1.6Vというように、蓄積時間が長く、また周囲溫度が高くなるほど、負電圧レベルが大きくなる。
  • 負載 MOS晶體管 105是對於各個垂直輸出線 102設置的。
    負荷MOSトランジスタ105は垂直出線毎に設けられ、ゲートが共通に接続されている。
  • 如上文所論述,每一 SMPS 218λ(λ= 1,2,...,N)在開關頻率 fλ 處操作,且輸出將功率供應給電力網 315中的負載 318的電壓 可使用一組時鐘源 245來以與在上文結合用戶設備 210所論述的方式大體上相同的方式驅動頻率可縮放的平台 215中的一個或一個以上 SMPS內的開關。
    上に議論されるように、各SMPS 218λ(λ=1、2、…、N)は、スイッチング周波數fλで動作し、送電網315中のロード318へ電を供給する電圧Vout(λ)を出する。 クロックソース245のセットは、ユーザ機器210に関して上に議論されるのと実質的に同じ方法で、周波數計測可能なプラットフォーム215に1以上のSMPSの內のスイッチを駆動するために使用することができる。
  • 因此,如圖 4所示,當以基準信號讀取周期、最大值檢測周期和最小值檢測周期的次序執行操作時,不是通過負載電阻器而是通過流過晶體管 116的拉電流或流過晶體管 119的灌電流來對於輸出線 141進行充放電。
    そのため、図4に示すように、基準信號読み出し期間、最大値検出期間、最小値検出期間の順に動作を行うことで、出線141の充放電を、負荷抵抗ではなく、トランジスタ116を流れるソース電流または119を流れるシンク電流によって行うことができる。
  • 據九州陶瓷的宣傳負責人所說,修改的主要原因是8月九州全部地區遭遇了歷史性的大颱風,位於大分縣的該公司的主力工廠不得不關閉了兩個星期。
    九州セラミックスの広報擔當者によると、修正の主な理由は、8 月に九州地方全體を襲った歴史的な台風のため、大分県にある同社の主工場が、予期せぬ2 週間に及ぶ閉鎖を余儀なくされたことだと言う。
  • 強輸入信號特性檢測部 32基於由接收功率差檢測部 30檢測的接收功率差,檢測從鄰近基站以規定間隔周期性地發送的控制信號的接收功率超過從基站 14發送的控制信號的接收功率的周期,即由接收功率差檢測部 30檢測的接收功率差為負的周期。
    強入信號特性検出部32は、受信電差検出部30により検出される受信電差に基づいて、近接基地局から所定の間隔で周期的に送信される制御信號の受信電が基地局14から送信される制御信號の受信電を越える周期、すなわち受信電差検出部30により検出される受信電差が負になる周期を検出する。
  • 在本實施例中,配置負電源 304以便輸出端子 304out的輸出電壓 Vout是可調整的。
    本実施形態では、負電源304は、出端子304out の出電圧Vout を調整可能に構成しているが、その調整は撮像時における蓄積時間設定に応じて行なう。
  • 預編碼操作還可利用由頻率可縮放的 SMPS平台 885供電的特定電路和相關聯的負載。
    プレコーディング動作は、さらに周波數計測可能なSMPSプラットフォーム885によって電が供給された特定の迴路および関連するロードを開発することができる。
  • 與他們的勝負無關,我一定要努力戰鬥。
    彼らが勝ち負けに関係なく懸命に戦わなければならないと思っています。
  • 開關 322_2使其另一端連接到負電源 304的輸出端子 304out(其為平滑電容器 330的一端和反饋單元 340之間的連接點 )。
    スイッチ322_2の他端は、平滑容量330の一端および帰還部340の接続點である當該負電源304の出端子304out に接続されている。
  • 圖 10是描述從根據第四實施例的負電源 304D輸出的輸出電壓 Vout(與模擬負電壓 AVSSw相稱 )的調整示例的圖。
    図10は、第4実施形態の負電源304Dから出される負の出電圧Vout (アナログ負電圧AVSSwに対応する)の調整例を説明する図である。
  • 相對於負荷和輸入電壓的輸出電壓變動只有1台比較大。
    負荷や入電圧に対する出電圧変動が1台だけ大きい。
  • 以下將參照圖 7至圖 9描述在電力管理系統中主要負責電力管理的電力管理裝置 11的結構。
    以下では、図7〜図9を參照しながら、この電管理システムにおける電管理を主に擔う電管理裝置11の構成について説明する。
  • 接着,根據所確定的要求為 SMPS選擇開關頻率源,所述開關頻率源適合於供電給所述負載組件 (框 84)。
    その後、スイッチング周波數ソースは、決定された要件に従ってロードコンポーネントに電を供給するのに適したSMPSを選択する(ブロック84)。
  • 在此情況中,差值 Diff變為負值並且上面示例中的輸出視頻信號 So1和 So2的灰度值彼此替換。
    この場合、差分Diffは負の値となり、上記の例において出映像信號So1とSo2との階調値が入れ替わる結果になる。
  • 負輸出電壓 Vout與模擬負電壓 AVSSw相稱。
    この負の出電圧Vout は、アナログ負電圧AVSSwに対応する。
  • 如圖 3所示,根據該實施例的固態成像裝置 10包括半導體襯底 (芯片 )11上的像素陣列 12、垂直驅動電路 13、列電路組 14、水平驅動電路 15、垂直信號線 16、輸出電路 17、控制單元 18,以及負電壓發生電路 19。
    図1に示すように、本実施形態に係る固體撮像裝置10は、半導體基板(チップ)11上に、畫素アレイ部12、垂直駆動迴路13、カラム迴路群14、水平駆動迴路15、水平信號線16、出迴路17、制御迴路18および負電圧生成迴路19などが搭載されたシステム構成となっている。
  • 如圖 4(1)中所示,例如,相對於累積時間設置 TS的輸出端子 304out的輸出電壓Vout(負電壓電平 )在 0秒≤ TS< 0.5秒時為 -1.0V,在 0.5秒≤ TS< 1.0秒時為 -1.1V,在 1.0秒≤ TS< 1.5秒時為 -1.2V,在 1.5秒≤ TS< 2秒時為 -1.3V,而在 2.0秒≤ TS時為 -1.4V。 因此,累積時間越長,負電壓就越高。
    たとえば図4(1)に示すように、蓄積時間設定TSと出端子304out の出電圧Vout (負電圧レベル)との関係は、0秒≦TS<0.5秒では−1.0V,0.5秒≦TS<1.0秒では−1.1V,1.0秒≦TS<1.5秒では−1.2V,1.5秒≦TS<2.0秒では−1.3V,2.0秒≦TSでは−1.4Vというように、蓄積時間が長くなるほど負電圧レベルを大きくする。
  • 比較器 402將輸入信號 220a與負參考 Vrefn進行比較,且在輸入信號小於 Vrefn時輸出邏輯 HI信號。
    比較器402は入信號220aと負基準Vrefnを比較し、入信號がVrefnより小さい時に、論理HI信號を出する。
  • 情緒勞動的特徵是,強烈左右人的情緒,使勞動者不得不背負着精神上的負擔,重壓和壓力。
    感情労働の特徴は、人間の感情に大きく作用して労働者が精神的な負擔、重圧、ストレスを負わなければならないということである。
  • 在本文所描述的各種示範性實施例中,接收功率轉換單元 222包含二極管整流器電路,其展現出大於負載 236的負載阻抗 RL的基頻下的輸入阻抗。
    ここに説明されるさまざまな例示的な実施形態において、受信電変換ユニット222は、負荷236の負荷インピーダンスRLよりも大きい、基本周波數での入インピーダンスを示す、ダイオード整流迴路を含む。
  • 知道您憂心您負責的項目,希望您能努力恢復健康,儘快痊癒。
    擔當案件について気が気ではないかとは存じますが、健康回復につとめられ、一日も早くご全快なさるよう心からお祈り申しあげております。