外でおイタはいけない

—— 日文翻譯成中文

google翻譯

不要在外面
  • 0

百度翻譯

在外邊不可以
  • 0

有道翻譯

在外面不能您受不了
  • 0

騰訊翻譯

不要在外邊惡作劇
  • 0

yandex翻譯

外不
  • 0

babylon翻譯

請勿在外。
  • 0

雙語例句

  • 然而,對生動檢測測試的實現在資源受限的設備——諸如手持式無線設備等——上可能是不可行的,這種生動檢測測試可能需要與此類設備上當前可用的傳感器不同類型的傳感器。
    しかしながら、生命検出試験の実行は、現在利用可能であるタイプのセンサと異なるタイプのセンサを要求することになるリソースが制約された裝置、例えば攜帯用無線裝置、等、においては実行可能でないことがある。
  • 一種用於改進通過彩色攝影機(3)拍攝的通過背光(12)照明的部分發熒光的組織區域的內窺鏡圖像的方法,其特徵在於,將內窺鏡圖像的色彩像素從攝影機(3)的色彩空間(RGB)轉換到色彩空間(FXY),在該色彩空間(FXY)中穿過熒光(11)的色彩空間區域(21)和背光(12)的色彩空間區域(20)的直線(F1)平行於描繪像素的熒光成分的坐標軸(F)走向,以及在該色彩空間(FXY)中像素的熒光成分通過非線性的特徵曲線(13)被改變,該特徵曲線至少局部地增強了熒光對比度,即較高的熒光值與較低的熒光值之間的差值,最後將像素轉換到適於圖像顯示的色彩空間(RGB)。
    背面光(12)により照明され所々蛍光発光する組織領域であって、カラービデオカメラ(3)により撮影された該組織領域の內視鏡畫像を改善する方法において、前記內視鏡畫像の畫素が前記ビデオカメラ(3)の色空間(RGB)から、蛍光光線(11)の色空間領域(21)及び背面光(12)の色空間領域(20)を通過する直線(F1)が前記畫素の蛍光成分を表す座標軸(F)に平行に走行する色空間(FXY)に変換され、前記色空間(FXY)內で前記畫素の蛍光成分が、蛍光コントラスト即ち高い蛍光値と低い蛍光値との差を少なくとも所々の領域で増加させる非線形特性曲線(13)に従って変化され、最後に前記畫素は、畫像表示に適する色空間(RGB)に変換されることを特徴とする方法。
  • 在步驟S426,冗餘設置單元332判斷FEC塊冗餘設置處理是否完成,並且如果判定該處理未被完成,則使流程返回步驟 S421並重複從其開始的處理。
    ステップS426において、冗長度決定部332は、FECブロック元データ単位決定処理を終了するか否かを判定し、終了しないと判定された場合、処理をステップS401に戻し、それ以降の処理を繰り返す。
  • 在步驟 S406,塊原始數據單位設置單元 331判斷 FEC塊原始數據單位設置處理是否完成,並且如果判定該處理未完成,則使流程返回步驟 S401,並重複從其開始的處理。
    ステップS406において、ブロック元データ単位決定部331は、FECブロック元データ単位決定処理を終了するか否かを判定し、終了しないと判定された場合、処理をステップS401に戻し、それ以降の処理を繰り返す。
  • 當如圖 11的中間部分所示以立體式方式觀看在深度調整處理之後的圖像時,由於「形成配對的圖像區域」不存在於左圖像和右圖像中,因此雙目競爭出現在屏幕的左邊緣和右邊緣處「黑色」遮蔽部分與「白色」背景之間。
    この奧行き調整処理後の畫像による立體視を行うと、図11の中段の図に示すように、左右畫像において「対になる畫像領域」が存在しないため、畫面の左右端においてマスク部の「黒」と背景の「白」との間で両眼視野闘爭が発生する。
  • 在檢測部分 49(圖 3)檢測到缺席的情況下,處理進行到步驟 S251。 CPU 41(圖3)執行將請求停止記錄內容 (對於該記錄內容,在步驟 S245開始再現 (或再現的重新開始 ))的再現的停止再現請求命令從網絡 I/F 44發送到記錄器 11的停止控制。
    一方、ステップ246において、ユーザがディジタルTV12の周囲に存在しないことが検出されたと判定された場合、すなわち、検出部49(図3)において、不在検出が行われた場合、処理は、ステップS251に進み、CPU41(図3)は、ステップS245で再生(又は、再生の再開)が開始された録畫コンテンツの再生の停止を要求する再生停止要求コマンドを、ネットワークI/F44から、レコーダ11に対して送信する停止制御を行う。
  • 應注意,在圖 15的示例的上面描述中,在步驟 S53判定 S2是否是「XXX1」之後,響應於判定的結果,輸出表示該信號是否是 FEF或是否既不是 T2幀也不是 FEF的判斷結果。
    なお、図15の例においては、ステップS53において、S2が「XXX1」であるか否かを判定した後に、その判定結果に応じて、FEFであるか、T2フレームでもFEFでもないかを示す判別結果を出力する例を説明した。
  • 本發明其目的在於提供不配備 VCC-AS就能夠在不同的接入網之間實現切換、並可縮短切換處理時間的移動通信系統。
    本発明は、上記の課題を解決するためになされたものであり、VCC−ASを配備することなく異なるアクセス網間においてハンドオーバを実現することができ、かつハンドオーバ処理時間を短縮することが可能な移動體通信システム、ノード裝置および網間移行制御方法を提供することを目的とする。
  • 1.一種用於改善通過彩色攝影機 (3)拍攝的通過背光 (12)照明的部分發熒光的組織區域的內窺鏡圖像的方法,其特徵在於,將內窺鏡圖像的色彩像素從攝影機 (3)的色彩空間(RGB)轉換到其中穿過熒光(11)的色彩空間區域(21)和背光(12)的色彩空間區域(20)的直線 (F1)平行於描繪像素的熒光成分的坐標軸 (F)的色彩空間 (FXY),並且在該色彩空間 (FXY)中像素的熒光成分通過非線性的特徵曲線 (13)被改變,該特徵曲線至少局部地增強了熒光對比度,即較高的熒光值與較低的熒光值之間的差值,最後將像素轉換到適於圖像顯示的色彩空間 (RGB)。
    1. 背面光(12)により照明され所々蛍光発光する組織領域であって、カラービデオカメラ(3)により撮影された該組織領域の內視鏡畫像を改善する方法において、前記內視鏡畫像の畫素が前記ビデオカメラ(3)の色空間(RGB)から、蛍光光線(11)の色空間領域(21)及び背面光(12)の色空間領域(20)を通過する直線(F1)が前記畫素の蛍光成分を表す座標軸(F)に平行に走行する色空間(FXY)に変換され、前記色空間(FXY)內で前記畫素の蛍光成分が、蛍光コントラスト即ち高い蛍光値と低い蛍光値との差を少なくとも所々の領域で増加させる非線形特性曲線(13)に従って変化され、最後に前記畫素は、畫像表示に適する色空間(RGB)に変換されることを特徴とする方法。
  • 在上述的實施方式 1~ 3中,會議服務器 1判定在各參加者的發言內容中是否包括按每一句存儲到關鍵字 DB27中的關鍵字 (也包括近似語 ),將其判定結果通知終端裝置4,4…。
    上述した実施形態1〜3では、會議サーバ1は、各參加者の発言內容において、1文毎にキーワードDB27に格納してあるキーワード(類似語も含む)を含むか否かを判定し、その判定結果を端末裝置4,4…に通知していた
  • 在接收裝置 200與發送裝置 100是相同類型的情況下,接收裝置 200與發送裝置100具有相同的外形,此外,在外殼210中,按相同的安裝位置和形式來裝配耦合器250和電場增強部件 260。
    なお、受信裝置200が送信裝置100と同型の機器である場合には、受信裝置200は、送信裝置100と同じ形を有したうえで、筐210內において同じ配置位置、態様によってカプラ250、および電界補強部材260が設けられる。
  • 當介質檢測傳感器 16檢測介質 P時 (在步驟S5為否 ),控制裝置 19返回到步驟 S4以繼續通過傳送輥 11的介質 P的傳送和通過圖像拾取單元 12的介質 P的成像。 當確定介質檢測傳感器 16不再檢測介質 P時 (在步驟 S5為是 ),控制裝置 19等待直到已經過去預定時間段,該預定時間段從介質檢測傳感器 16不再檢測介質 P(在步驟 S6為否 )的時間點直到通過圖像拾取單元 12的介質 P的成像已經完成之後圖像拾取單元 12已經拾取用於至少一個掃描的僅僅背襯構件 11a的圖像。
    制御裝置19は、媒體検出センサ16が媒體Pを検出している間は(ステップS5否定)、ステップS4に戻って、搬送ローラ11による媒體Pの搬送および撮像ユニット12による媒體Pの撮像を行い続け、媒體検出センサ16が媒體Pを検出しなくなったと判斷すると(ステップS5肯定)、媒體検出センサ16が媒體Pを検出しなくなってから、撮像ユニット12による媒體Pの撮像後において、撮像ユニット12が裏當て部材11aのみを少なくとも一走査分撮像し終わるまでの一定時間が経過するのを待ち(ステップS6否定)、この一定時間が経過すると(ステップS6肯定)、読取領域に対応した複數のラインデータに基づいて、撮像畫像データを生成する(ステップS7)。
  • 在步驟 S1111,格式轉換控制單元 406在圖 4的圖像數據 300上進行處理,以通過外圍區域的顏色填充圖像裁切處理單元 403裁切掉的區域的部分,並且產生背景圖像部分。
    ステップS1111において、フォーマット変換制御部406は、図4のイメージデータ300に対して、畫像切り出し処理部403で切り出した領域の部分をその周辺色で塗りつぶす処理を行い、背景畫像パーツを生成する。
  • 例如,關於前往 LAG端口的用戶幀,在 MPLS通信裝置 1的 SW30中,不僅 MPLS標籤,也從原始幀中抽出 MAC的收件人地址 (DA)和 VLAN等由於識別流的 ID,通過混列單元 330進行混列計算,按照計算結果向物理端口分配。
    例えば、LAGポート行きのユーザフレームについては、MPLS通信裝置1のSW30において、MPLSラベルだけでなく、オリジナルフレームからMACの宛先アドレス(DA)やVLANなどフローを識別するIDを抽出してHashブロック330によりHash計算を行い、計算結果に従い物理ポートへと振り分ける。
  • 不能光趕工,還要保證質量。
    ただ大急ぎで仕事をやるだけではいけない,質を確保しなければならない
  • 在這種情況下,德耳塔值或者相對於固定參考點的值可以以非壓縮形式編碼,例如以兩個顏色通道 (例如綠色和藍色通道 )編碼,而深度可以以第三顏色通道 (例如紅色通道 )編碼。
    そのような場合、δ値すなわち固定の基準點に対する値は、例えば色チャネルのうちの2つ(例えば緑及び青チャネル)において、圧縮されていない形態で符號化されることができ、深さは、第3の色チャネル(例えば赤チャネル)において符號化されることができる。