指定席をとる

—— 日文翻譯成中文

google翻譯

預留座位
  • 0

有道翻譯

採取指定席
  • 0

騰訊翻譯

對號入座
  • 0

yandex翻譯

保留席位和
  • 0

雙語例句

  • 比較器 2455將如圖 7的 7b所示的灰塵確定水平 (黑像素比率 )與累積相加值進行比較。
    コンパレータ2455では、図7の7bに示すようなゴミ判定レベル(黒画素率)と累積加算値を比較する。
  • 在一個實施方式中,模型形成方法是對全集的主元分析 (PCA)分解以及隨後對所得基向量的截斷。
    一実施形態では、モデル作成の方法は、集合体を主成分分析(PCA)分解し、その後、結果として得られる基底ベクトルを切り捨てる。
  • 如果 (例如 )邊界為左邊界且運動向量的 x分量等於MVx,則邊界偽影識別單元 68可將第W+1到W+MVx列識別為假邊界位置。
    例えば、境界が左境界であり、動きベクトルのx成分がMVxに等しい場合、境界アーティファクト識別ユニット68は、列W+1〜W+MVxを偽境界位置と識別することができる。
  • 通過使用紅外線所確立的邊界與可見光譜比較地使用以清楚地識別用於根據圖像處理算法 26中的一個進行評估的可見區。
    赤外線を使用して確立された境界は、複数の画像プロセシングアルゴリズム26の1つに対する評価のための可視領域を決定的に特定するべく可視スペクトルとともに比較として使用される。
  • 例如,颱風可能是 1/2英里寬而廣播網絡 10和 /或天氣分析單元 12將基於其經驗、知識和 /或能力確定關係區域將是 1/2英里寬和 8英里長——向東北方移動。
    たとえば、トルネードの幅が1/2マイルであり、ブロードキャストネットワーク10および/または気象解析ユニット12は、その経験、知識、および/または能力に基づいて、問題の領域が幅1 1/2マイル、長さ8マイルで北東に移動していることを決定する。
  • 如果邊界為右邊界且塊的運動向量的 x分量具有正量值,則邊界偽影識別單元 68可不將塊內的任何像素識別為屬於假邊界位置。
    境界が右境界であり、ブロックの動きベクトルのx成分が正の大きさを有する場合、境界アーティファクト識別ユニット68は、当該ブロック内の画素のいずれをも偽境界位置に属するものとして識別することができない。
  • 有人發話說:“這簡直是胡鬧,誰負責任?”
    誰かがきつい調子で言った,「こんなむちゃなことをやってだ,誰が責任を取るんだ!」
  • 邊界偽影識別單元 68可使用與代換幀的塊相關聯的運動向量和 /或存在於參考幀內的邊界的寬度來識別實際邊界位置和假邊界位置。
    境界アーティファクト識別ユニット68は、置換フレームのブロックに関連する動きベクトルおよび/または参照フレーム内に存在する境界の幅を使用して、実境界位置および偽境界位置を識別することができる。
  • 當與塊相關聯的運動向量致使邊界傳播到不包括對應於參考幀中的邊界位置的任何像素的塊中時,邊界偽影識別單元 68可將塊識別為假邊界位置。
    境界アーティファクト識別ユニット68は、ブロックに関連する動きベクトルにより、境界が参照フレーム中の境界の位置に対応する画素を含まないブロックに広がったとき、当該ブロックを偽境界位置と識別することができる。
  • 在圖 12中,通信裝置 A的路由部 27從通信幀生成部 22接受安全通信幀。
    図12において、通信装置Aのルーティング部27は、通信フレーム生成部22からセキュアな通信フレームを受け取る。
  • 在第二遮光像素 920中,為了增大柵極寬度 (溝道寬度 )W3和柵極長度 (溝道長度 )L3,縮小光電轉換元件 D1的面積。
    第2の遮光画素920においては、ゲート幅(チャネル幅)W3とゲート長(チャネル長)L3を大きくとるために、光電変換素子D1の面積を削減している。
  • 如果 (例如)邊界為右邊界且運動向量的x分量等於-MVx,則邊界偽影識別單元68可將第N-W-1到 N-W-MVx列識別為假邊界位置。
    例えば境界が右境界であり、動きベクトルのx成分が−MVxに等しい場合、境界アーティファクト識別ユニット68は列N−W−1〜N−W−MVxを偽境界位置と識別することができる。
  • 邊界偽影識別單元 68可以類似方式使用與塊相關聯的運動向量的 y分量來識別沿頂部和底部邊界的實際和假邊界位置。
    境界アーティファクト識別ユニット68は、同様にブロックに関連する動きベクトルのy成分を使用して、上部および下部境界に沿った実境界位置および偽境界位置を識別することができる。
  • GPS系統包括部署在關於赤道傾斜 55°並且彼此間距 60°的 6個平面中半徑為 26,600千米的中間環地軌道中的至少 24個衛星。
    GPSシステムは、赤道に対して55°傾斜し、互いに60°離間した6つの平面内に、半径26,600キロメートルの中軌道に展開される少なくとも24個の衛星を含む。
  • 並且,噪音處理部203,將對打印像素 (亮度值小於等於預定值的像素 )進行計數 (累計 )的對象的像素位置設定為初始位置 (x= 0),將累計打印像素數設定為初始值 (Yx= 0)。
    そして、ノイズ処理部203は、印字画素(輝度値が所定値以下の画素)をカウント(累積)する対象の画素位置を初期位置(x=0)とし、累積印字画素数を初期値(YX=0)にする。
  • 所有最好在單個集成電路芯片上的為處理器17的一部分的小易失性緩衝存儲器從模數轉換器 35接收圖像像素數據流。
    好ましくはすべて単一の集積回路チップ上にあるプロセッサ17の一部である小さい揮発性バッファメモリは、アナログ・デジタル変換器35からの画像画素データのストリームを受け取る。
  • 此外,以適當的時間間隔對數字數據執行如頻率分析的處理,使得數字數據轉換為指示聲音的頻譜或其它聲學特徵的參數。
    また、このデジタルデータに対して、適当な時間間隔で周波数分析等の処理が施され、スペクトルやその他の音声の音響的特徴を表すパラメータに変換される。
  • 圖 11是說明第 2實施方式中的安全通信幀和在路由部 27中所生成的 1跳通信幀的例的說明圖。
    図11は、第2の実施形態におけるセキュアな通信フレームと、ルーティング部27において生成した1ホップ通信フレームの例を説明する説明図である。
  • 如果喚醒消息 140被成功解密和認證,則 PC客戶端110和移動設備 120可參與安全對話,其中 PC客戶端 110從移動設備 120請求口令,然後接收這些口令。
    起動メッセージ140の復号および認証に成功すると、PCクライアント110およびモバイルデバイス120は、PCクライアント110がモバイルデバイス120に対してパスワードを要求して、これらのパスワードを受け取る、というセキュアなダイアローグを行う。
  • “與”電路 133取得如上所述的上轉換的素材確定器 131的確定輸出和如上所述的有效性確定器 132的確定輸出的邏輯積。
    アンド回路133は、上述のアップコンバート素材判定部131の判定出力と、上述の有効性判定部132の判定出力の、論理積をとる
  • 在一種實施方式中,所述多個成像器包括至少一個近紅外成像器用於接收近IR(紅外 )光譜。
    一実施形態において、複数の撮像装置は、近赤外線スペクトルを受光するために専用の少なくとも1つの近赤外線撮像装置を含む。
  • 如果邊界為左邊界 (例如 )且運動向量的 x分量等於正MVx,則當MVx大於用於識別實際邊界位置的上取整函數的輸出乘以塊大小的結果時,邊界偽影識別單元 68可將鄰近於正經分析的當前塊的塊識別為假邊界位置。
    例えば、境界が左境界であり、動きベクトルのx成分が正のMVxに等しい場合、境界アーティファクト識別ユニット68は、MVxが実境界位置を識別するために使用されるシーリング関数の出力とブロックサイズとの積よりも大きいとき、分析されている現在のブロックに隣接して位置するブロックを偽境界位置と識別することができる。
  • 對於沿幀的右側定位的邊界,邊界偽影識別單元 68分析不同塊且不同地使用相關聯的運動向量的 x分量。
    フレームの右側部に沿って位置する境界の場合、境界アーティファクト識別ユニット68は異なるブロックを分析し、関連する動きベクトルのx成分を別に使用する。
  • 如上文詳細地描述,邊界偽影識別單元 68可使用邊界的寬度和與塊相關聯的運動向量的值來識別假邊界位置。
    上記で詳細に説明したように、境界アーティファクト識別ユニット68は境界の幅とブロックに関連する動きベクトルの値とを使用して偽境界位置を識別することができる。
  • 在一個方面中,邊界偽影識別單元 68可分析每一塊且基於參考幀內的邊界的寬度和相應塊的運動向量來將塊的一部分識別為假邊界位置。
    一態様では、境界識別ユニット68は各ブロックを分析し、参照フレーム内の境界の幅とそれぞれのブロックの動きベクトルとに基づいて当該ブロックの一部分を偽境界位置と識別することができる。
  • 為了識別幀的塊中的邊界偽影,邊界偽影識別單元 68針對與左邊界或右邊界對應的塊的每一者而分析與塊相關聯的運動向量的 x分量,且針對與頂部邊界或底部邊界對應的塊的每一者而分析與塊相關聯的運動向量的 y分量。
    フレームのブロック中の境界アーティファクトを識別するために、境界アーティファクト識別ユニット68は左または右境界と対応するブロックの各々毎に当該ブロックに関連する動きベクトルのx成分を分析し、上部または下部境界に対応するブロックの各々毎に当該ブロックに関連する動きベクトルのy成分を分析する。
  • 當與塊相關聯的運動向量致使邊界傳播到不包括對應於參考幀中的邊界的位置的任何像素的塊中時,邊界偽影識別單元 68可將塊識別為假邊界位置。
    境界アーティファクト識別ユニット68は、ブロックに関連する動きベクトルにより、境界が参照フレーム中の境界の位置に対応する画素を含まないブロックに広がったとき、当該ブロックを偽境界位置と識別することができる。
  • 圖 5是將分類特徵向量存儲部 201所存儲的數據表示為表格的圖。
    【図5】分類特徴ベクトル蓄積部201が蓄積するデータを表として表した図である。
  • 旋風圖常常被用於分析公司內的營業額、固定支出以及其他的變量相互之間的影響。
    トルネードチャートは、しばしば企業で売上高や固定費、その他変数が相互的に与える影響を示し分析するために利用される。
  • 在另一實施方式中,無線通信設備是可發射和接收紅外光譜中的光學信號的光學收發器。
    別の実施形態において、無線通信手段は、赤外線スペクトルで光信号を送受信するように動作する光学トランシーバである。
  • 可以使用該變換來分析加窗後音頻塊中的頻率成份並標識各頻率成份的頻譜功率。
    この変換を使用して、被ウィンドウ処理音声ブロック内の周波数成分を分析し、各周波数成分のスペクトル・パワーを識別することができる。
  • 如果 (例如 )邊界為左邊界且塊的運動向量的 x分量具有負量值,則邊界偽影識別單元 68可不將塊內的任何像素識別為屬於假邊界位置。
    例えば、境界が左境界であり、ブロックの動きベクトルのx成分が負の大きさを有する場合、境界アーティファクト識別ユニット68は当該ブロック内の画素のいずれをも偽境界位置に属するものとして識別することができない。
  • 此外,以適當時間間隔對數字數據進行諸如頻率分析之類的處理,以便將該數字數據轉換為指示聲音的譜或其他聲學特徵的參數。
    また、このデジタルデータに対して、適当な時間間隔で周波数分析等の処理が施され、スペクトルやその他の音声の音響的特徴を表すパラメータに変換される。
  • 可以使用多種已知的信號和光譜分析設備來執行這種類型的光譜分析。
    この種類の分光分析は、種々の周知の信号およびスペクトル分析機器を使用して実行されることができる。