構えれ

—— 日文翻譯成中文

google翻譯

這是準備
  • 0

有道翻譯

被記下
  • 0

騰訊翻譯

擺好架勢
  • 0

yandex翻譯

  • 0

雙語例句

  • 換言之,以通信協議的架構而言,收發器114可視為第一層的一部分,而控制電路 106則用來實現第二層及第三層的功能。
    言い換えれば、通信プロトコルに当てはめれば、トランシーバー114は第一層の一部とみなされ、制御回路106は第二層と第三層の機能を実施する。
  • 換句話說,通過執行下面的步驟,由圖 19的步驟 1932證實 MHL表構建完成步驟 1910。
    言い換えれば、MHLテーブル構築完了ステップ1910は、図19のステップ1932において、以下のステップを実行することによって確認される。
  • 圖 41是示意性圖示視頻基本流的結構示例的圖。
    【図41】ビデオエレメンタリーストリームの構造例を概略的に示す図である。
  • 關於結構,可以認為存儲卡 201A被圖像再現裝置 201K替換,並且電子裝置101A被圖像獲取裝置 101K替換。
    構造的には、メモリカード201Aを画像再生装置201Kに置き換え、電子機器101Aを画像取得装置101Kに置き換えたと考えればよい。
  • 在附圖中,相同的標號一般指示相同、功能類似和 /或結構類似的元件。
    図面においては概して、同一の、機能的に類似している、および/または、構造的に類似しているエレメント同士に同様の参照番号が付されている。
  • 另外,資源映射部 106根據由參考信號模式選擇部 111通知的參考信號結構,將參考信號映射到無線資源的資源單元中。
    また、リソースマッピング部106は、参照信号パタン選択部111から通知された参照信号構成に基づき、参照信号を無線リソースのリソースエレメントにマッピングする。
  • 以及空間光調製器,它包括以第二節距排列的多個像素列,從而提供視點校正,以便為觀看 n個視圖而創建 n個主觀看窗口,其中 n是大於1的整數,透過每個視差元件可以在每個觀看窗口中看到 w個像素列,其中 w是大於 1的整數,每列像素具有相同的顏色,這些列具有 x種不同的顏色,其中 x是大於 2的整數,並且這些列排列成包括相同子序列的重複性組的顏色序列,其特徵在於,各組包括 y個由 z個列構成的子組,其中 y是大於 1的整數而 z是大於或等於 x的整數,各子組包含所有 x種顏色的列,該序列的最小重複節距等於 y乘 z個列。
    2以上の整数n個のビューを見るためのn個の一次ビューウィンドウを形成するために視点補正を提供する第二のピッチで配列された複数の画素列を備える空間光変調器であって、各ビューウィンドウ内の各視差エレメントを介して見ることのできる2以上の整数w個の画素列を備え、各列の該画素は、同じカラーであり、該列は、3以上の整数x個の異なるカラーであり、同じサブシーケンスの繰り返しグループを備えるカラーのシーケンスとして配列され、各グループは、x以上の整数z個の列の2以上の整数y個のサブグループを備えることを特徴とし、各サブグループは、全てのx個のカラーの列を含み、該シーケンスの最小繰り返しピッチは、y.z個の列に等しい、空間光変調器(20)とを備える。
  • 因此,當沿傳送方向向着成像位置由傳送輥 11傳送介質 P時,換句話說,當執行介質 P的掃描時,因為反射光 (該反射光是由介質 P或背襯構件 11a反射的來自光源121的光)入射在成像傳感器122的各個成像元件上,因此用於對應於讀取區域的每一次曝光的捕獲的圖像信號從成像傳感器 122的各個成像元件被輸出。
    したがって、搬送ローラ11により媒体Pが撮像位置へ向けて搬送方向に搬送されている場合、言い換えれば、媒体Pのスキャンを実行中の場合、撮像センサ122の各撮像素子には、媒体Pあるいは裏当て部材11aで反射した光源121からの光である反射光が入射されるので、撮像センサ122の各撮像素子からは読取領域に対応した露光ごとの撮像画像信号が出力される。
  • 圖 3是圖解說明按照實施例的安全元件的功能結構的方框圖;
    【図3】セキュアエレメントの一実施の形態の機能的構成を示すブロック図である。
  • 圖 22是示意性圖解視頻基本流的示例結構的圖表。
    【図22】ビデオエレメンタリーストリームの構造例を概略的に示す図である。
  • 將會注意到相關器 1130和 1150的架構通常上相同,除了相關器 1130通過附加級有效地擴展相關器 1150從而處理另一個延遲單元和另一個乘法因子。
    相関器1130および1150のアーキテクチャは概して同じであるが、相関器1130のほうが、別の遅延エレメントおよび別の倍増率を処理する別のステージによる相関器1150の効果的な拡張である点が異なっている。