水当する

—— 日文翻譯成中文

google翻譯

要澆水
  • 0

有道翻譯

水本
  • 0

騰訊翻譯

潑冷水
  • 0

yandex翻譯

水的
  • 0

雙語例句

  • 當用戶按下用於水平儀顯示的按鈕 SW 43(SW操作系統 107的一部分 )時 (步驟 S105為“是”),MPU 3首先基於來自加速度傳感器 126的數據,判斷照相機的方位,即判斷照相機的方位是正常橫向方位還是縱向方位 (步驟 S106)。
    準器表示モード用のボタンSW43(SW操作系107の一部)を押下すると(ステップS105:Yes)、MPU3はまず加速度センサ126のデータより、カメラが通常の横位置の状態にいるか、縦位置の状態にいるかを判定する(ステップS106)。
  • 舉例來說,如果邊界為左邊界,則當在運動補償期間從參考幀取得的塊的左角的水平像素坐標小於左邊界寬度時,邊界偽影識別單元 68將塊識別為假邊界位置。
    例えば、境界が左境界である場合、境界アーティファクト識別ユニット68は動き補償中に参照フレームからフェッチされるブロックの左コーナの平画素座標が左境界幅よりも小さいとき、該ブロックを偽境界位置と識別する
  • 當用戶在這種狀態下將照相機在水平方向上擺動 10°時, arctan[{cos(42° )·g·sin(10° )}/{cos(-48° )·g·sin(10° )}]
    となり、オフセット調整により42degを平点として定義するが、この状態において、カメラをピッチ方向に10度あおったとき時の演算としては、arctan[{cos(42°)・g・sin(10°)}/{cos(−48°)・g・sin(10°)}]
  • 為此,在當前示例性實施方式的第一托架 18中,從經過讀取位置 X0的光軸 LT至第一保持件 51的上表面的端部的距離 (這裡為水平距離 d)設定為使得 d= W1= 12mm。
    このため、本実施形態の第1キャリッジ18では、読み取り位置X0を通る光軸LTから第1ホルダー51の上面端部までの距離(ここでは平距離dとする)をd=W1=12mmとしている。
  • 如果水平像素坐標大於右邊界的開始坐標 (例如,右邊界的最左坐標 ),則邊界偽影識別單元 68將塊識別為需要偽影校正的區域且在位置圖中用“1”標記塊的對應位置。
    平画素座標が右境界の開始座標(例えば、右境界の左端座標)よりも大きい場合、境界アーティファクト識別ユニット68は、該ブロックを、アーティファクト修正を必要とするエリアと識別し、位置マップにおいて該ブロックの対応する位置を「1」と標示する
  • HD計數器 B(608)是只有當場確定結果 605為“1”時才在垂直同步信號 20的定時處被復位的計數器,並且在水平同步信號 21的定時處執行向上計數。
    HDカウンタB(608)は、フィールド判定結果605が、“1”のときのみ垂直同期信号20のタイミングにてリセットされ、平同期信号21のタイミングでカウントアップするカウンタである。
  • 當關注某一水平掃描時段 H1時,產生圖 28的 (d)中所示的水平掃描時鐘φh,以便對應於水平同步信號φH。
    ある平走査期間H1に注目すると、図28(c)に示す平同期信号φHに対して、図28(d)に示す平走査クロックφhが生成される。
  • 這種組存在多個的情況下,確定部 24使其優先結合於干擾水平比該組的干擾水平大的組。
    このようなグループが複数存在する場合、決定部24は、該グループの干渉レベルよりも、干渉レベルの大きいグループに優先的に結合させる。
  • 當將操作模式從具有低電力消耗水平的操作模式切換為具有高電力消耗水平的操作模式時,裝置切換由模式選擇控制單元 113生成的時鐘。
    電力消費レベルが低い動作モードから、高い動作モードへの切り替えは、モード選択制御部113において発生するクロックを切り替えることで実現している。
  • 當將原始圖像的擴展 /縮小率 r看作 1時,在 r> 1的情況下,在位於中心處的水平方向上具有中心坐標 xc的同時,在水平方向上擴展左圖像和右圖像。
    オリジナルの画像の拡大・縮小率rを1とすると、r>1の場合は、オリジナルの平方向の中心の座標xcを中心として平方向に左右の画像を拡大する
  • 當與塊MB(2,j)相關聯的運動向量的 x分量不等於零時,幀代換單元 52確定在運動補償期間從參考幀取得的塊的左側的水平 x坐標 ( “塊的 X” )是否小於左邊界的右側的 x坐標 ( “邊界的 X” )(108)。
    ブロックMB(2,j)に関連する動きベクトルのx成分が0に等しくないとき、フレーム置換ユニット52は、動き補償中に参照フレームからフェッチされるブロックの左側の平x座標(「ブロックのX」)が左境界の右側のx座標(「境界のX」)よりも小さいかどうかを判断する(108)。
  • 當水平消隱間隔短時,因為下溢的產生可能性高,所以從步驟 S171開始執行用於抑制下溢產生的處理。
    平ブランク期間が短い場合、アンダーフローが発生する可能性が高いので、ステップS171以降において、そのアンダーフローの発生を抑制するための処理が行われる。
  • 相對於實施例 2,在步驟 603組合水印與數據包括: 按照指派給不同發射機的不同的時間單元 411,進行水印碼元 111、411的時間或頻率復用。
    実施形態2に関して、ステップ603におけるウォータマークとデータとの組み合わせは、異なる送信機に割りてられた異なる時間セル411に従ったウォータマークシンボル111,411の時間又は周波数多重を有する
  • 在圖 4中,水平軸代表標識 OFDM頻域信號的子載波的索引 (即,頻率 ),並且對應於頻率。
    なお、図4において、横軸は、OFDM周波数領域信号のサブキャリアを識別するインデクスを表し、周波数に相当する
  • 關於用水的人數增減以及洗手間、淋浴、灑水器具等有什麼頭緒嗎?
    道を使用する人の人数の増減やトイレ、シャワー、撒きなどで心たりはありませんか?
  • 當測定部 20導出針對干擾信號的干擾水平時,將其輸出至確定部 24。
    測定部20は、干渉信号に対する干渉レベルを導出すると、それを決定部24へ出力する
  • 變量 CNT_L在部分運動矢量 MV_J的水平分量在向左方向上超過相當於 5個像素的量時遞增 (increment)。
    変数CNT_Lは、部分動きベクトルMV_Jの平成分量が左方向において5画素に相当する量を上回るときにインクリメントされる。
  • 將關注像素 101的位置例如在圖像 100內向水平方向及垂直方向各移動 1像素,每當移動時通過獲取濾波器111~115的濾波器輸出值來決定採用濾波器值。
    注目画素101の位置は、例えば、画像100内を平方向および垂直方向に1画素ずつ移動させられ、移動のたびにフィルタ111〜115のフィルタ出力値を取得することで採用フィルタ値を決める。
  • 圖 9是圖示出用於確定是否保存當前視差水平的詢問屏幕的框圖,
    【図9】現在の視差量を保存するか否かの問い合わせ画面を示す図
  • 在草圖模式 M1下,當關注特定水平掃描時段 H1時,如圖 16的 (b)所示,產生水平掃描時鐘φh,作為圖 16的 (a)中所示的水平同步信號的驅動時鐘。
    ドラフトモードM1において、ある平走査期間H1に注目すると、図16(a)に示す平同期信号に対して、駆動クロックとして図16(b)に示す平走査クロックφhが生成される。
  • 在本實施例中,像素信號讀出部分由水平傳輸掃描電路 130、負載電路 150、列並行處理部分 160、及 DAC 170形成,並且定時控制電路 140具有與上述的控制部分的功能相對應的功能。
    本実施形態において、平転送走査回路130、負荷回路150、列並列処理部160、DAC170等により画素信号読み出し部が形成され、タイミング制御回路140が制御部に相当する機能を有している。
  • 在靜態圖像模式 M2下,當關注特定水平掃描時段 H2時,如圖 17的 (b)中所示,產生水平掃描時鐘φh,作為圖 17的 (a)中所示的水平同步信號的驅動時鐘。
    静止画モードM2において、ある平走査期間H2に注目すると、図17(a)に示す平同期信号に対して、駆動クロックとして図17(b)に示す平走査クロックφhが生成される。
  • 為了執行驗證,在框 406之後,當所測得的功率水平已下降為等於或低於閾值功率水平時,方法 400繼續到框 410並且如果通過驗證過程,方法 400繼續到框 408以將開關 312設置為上行鏈路模式。
    検証を行うために、ブロック406の後において、測定された電力レベルがしきい値電力レベル以下に降下したとき、方法400はブロック410に進み、検証処理に合格すると、方法400はブロック408に進んでスイッチ312をアップリンクモードに設定する
  • 例如,當水平方向上的顯示尺寸與水平方向上的子圖像的圖像尺寸的比例是 1/2時,通過在水平方向上使圖 5A中示出的直方圖縮小一半,獲得了具有顯示尺寸的子圖像的視差直方圖。
    例えば、副画像の平方向の画像サイズに対する水平方向の表示サイズの割合が1/2である場合、表示サイズの副画像の視差のヒストグラムは、図5Bに示すヒストグラムを平方向に1/2だけ縮小することにより得られる。
  • 變量 CNT_R在部分運動矢量 MV_J的水平分量在向右方向上超過相當於 5個像素的量時遞增。
    変数CNT_Rは、部分動きベクトルMV_Jの平成分量が右方向において5画素に相当する量を上回るときにインクリメントされる。
  • 此時,當起點和終點分開一定距離以上並且連接起點和終點的線段的傾斜度在一定範圍內時,根據該傾斜度來顯示水平或垂直的成像輔助線。
    このとき、始点から終点までの距離が一定以上あり、始点と終点とを結ぶ線分の傾きが一定の範囲内にあった場合、その傾きに応じて、平または垂直の撮影補助線を表示する
  • 只有潺潺的船頭激水的聲音。
    チャプチャプというへさきにたる音だけがする
  • 在水平消隱時段開始時,信號上升為“H”,並且當水平消隱時段結束時,信號下降為“L”。
    平ブランキング期間が開始されると、”H”が立ち上がり、平ブランキング期間が終了すると”L”に立ち下がる。
  • 而且,作為參數值,例如輪廓強調處理用係數、輪廓強調用濾波器 (例如,水平方向的 2次微分濾波器 )等適合。
    また、パラメーター値としては、例えば、輪郭強調用の係数、輪郭強調用のフィルター(例えば、平方向の2次微分フィルター)等が該当する
  • 在 42處的 P1顯示使用了與圖 11所示顯示相同的顏色像素圖案,使得各觀看窗口中可見的每種顏色的像素在水平方向和垂直方向上基本上都是均勻間隔的,當然垂直和水平節距有可能彼此不同。
    42で示されるP1ディスプレイは、各ビューウィンドウの中で見ることができる各カラーの画素が、垂直および平ピッチが互いに異なり得るが、垂直および平に実質的に等間隔となるようにして、図11に示すディスプレイと同じカラー画素パターンを使用する
  • 以此方式,依賴於水平消隱間隔的長度,讀取控制單元 223可以以更適當的定時進行係數數據讀取。
    このようにすることにより、読み出し制御部223は、平ブランク期間の長さに応じて、より適切なタイミングで係数データの読み出しを行わせるようにすることができる。
  • HD計數器 A(606)是只有當場確定結果 605為“0”時才在垂直同步信號 20的定時處被復位的計數器,並且在水平同步信號 21的定時處執行向上計數。
    HDカウンタA(606)は、フィールド判定結果605が、“0”のときのみ垂直同期信号20のタイミングにてリセットされ、平同期信号21のタイミングでカウントアップするカウンタである。
  • 然後,當用戶按下用於水平儀顯示的按鈕 SW 43(SW操作系統 7的一部分 )時 (步驟 S5為“是”),MPU 3驅動加速度傳感器 26,並且以預定時間間隔讀出該加速度傳感器的 X軸和 Y軸的輸出 (步驟 S6)。
    その後、準器表示モード用のボタンSW43(SW操作系7の一部)を押下すると(ステップS5:Yes)、MPU3は加速度センサ26を駆動させ、所定時間ごとに加速度センサのX軸、Y軸の出力を読み出す(ステップS6)。
  • 還可以適當地設計量化係數的掃描順序,以考慮橫軸與縱軸的頻率差。
    量子化係数のスキャニング順序は、平軸及び垂直軸における周波数の違いを考慮して適切に設計することができる。
  • 水平掃描部件 12能夠用作讀出掃描部件,與列 AD轉換部件 26的比較部件 252和計數器部件 254進行的處理並行地,從數據存儲部件 256讀出計數值。
    平走査部12は、カラムAD変換部26の各比較部252とカウンタ部254とが、それぞれが担当する処理を行なうのと並行して、各データ記憶部256が保持していたカウント値を読み出す読出走査部の機能を持つ。
  • “水平拍攝”按鈕 201或“垂直拍攝”按鈕 202是用於指明當構成與操作中的轉變有關的合成圖像的圖像被成像時的成像操作狀態的按鈕。
    「横撮り」ボタン201および「縦撮り」ボタン202は、動作遷移に関する合成画像を構成する画像を撮像する場合における撮像動作状態を指定する際に押下されるボタンである。
  • 同時,當從呼叫中心 38接收到通信時,音調檢測電路 52在電話線上監測聲音的水平。
    また、トーン検出回路52は、通信がコールセンター38から受信されるときに音のレベルについて電話線を監視する
  • 另外,當在包括中心的位置或顯示單元 18被分成三份的位置顯示時,不僅可以在划過操作的方向上,還可以在水平和垂直兩個方向上進行顯示。
    また、表示部18の中心を通る位置や3分割する位置に表示する場合などは、なぞり操作の方向だけでなく、平、垂直の両方に表示してもよい。
  • 達到一定的水平
    準に達する
  • 當水平消隱時段開始時,該信號上升為“H”,並且當水平消隱時段結束時,該信號下降為“L”。
    平ブランキング期間が開始されると、“H”が立ち上がり、平ブランキング期間が終了すると“L”に立ち下がる。
  • 在步驟 S95中,判斷部分運動矢量 MV_J的水平分量是否超過相當於 5個像素的量。
    ステップS95では、部分動きベクトルMV_Jの平成分量が5画素に相当する量を上回るか否かを判別する