舌動脈の舌骨上枝

—— 日文翻譯成中文

google翻譯

舌動脈舌骨的上支
  • 0

百度翻譯

  • 0

有道翻譯

舌動脈舌骨上枝
  • 0

騰訊翻譯

舌頭動脈的舌頭骨上樹枝
  • 0

雙語例句

  • 利用包括這樣的攝影圖像 P2及攝影圖像 P3的攝影圖像 P1~ P4,假設用圖 6所示的方法導出了立體曲面 SP的重複部分 OA3的像素值。
    このような撮影画像P2及び撮影画像P3を含む撮影画像P1〜P4を用いて、仮に図6に示す手法で立体曲面SPの重複部分OA3の画素の値を導出したとする。
  • 圖 1是根據本發明實施例的成像設備 1的概念示意圖。
    図1は、本発明の実施形態に係る画像撮影装置1の概念図である。
  • 圖 1是根據本發明實施例的成像設備的概念示意圖。
    【図1】図1は、本発明の実施形態に係る画像撮影装置の概念図である。
  • 如本文所使用,“共同通道格式”指代信號既定在可能未必源自同一源的信號所共有的特定或相異通道配置 (例如 (不限於 )具有左通道及右通道 )中被播放或執行的二進制數字信號的表示。
    本明細書で用いられるように、「共通チャネルフォーマット」は特定または独特なチャネル構成で再生または実演されることを意図された複数の2値デジタル信号を表現したものを指す。 ここで、特定または独特なチャネル構成は限定する訳でないが左チャネルおよび右チャネルを有するようなもので、必ずしも同じソースから発生されるとは限らない複数の信号に共通する。
  • 採用根據上述實施例的成像設備 100,用戶在成像時僅僅通過用與觸摸面板 21接觸的指示體沿着預定方向划過觸摸面板 21,就能夠在顯示單元 18中顯示成像輔助線。
    以上説明した本実施の形態に係る撮像装置100によれば、ユーザは撮像中にタッチパネル21に指示物体を接触させ、所定の方向になぞるだけで表示部18に撮影補助線を表示させることが可能となる。
  • 如上所述,在本實施例中,在快門眼鏡 6中,快門入射側偏振片 60A的對比度 CR被設置為比快門出射側偏振片 60B的對比度 CR更低的值。 因此,在所觀察到的視頻中,在抑制閃爍產生的同時,能夠減小串擾。
    以上のように、本実施の形態では、シャッター眼鏡6において、シャッター入射側偏光板60AのコントラストCRがシャッター出射側偏光板60BのコントラストCRよりも低くなるようにしたので、観察映像においてフリッカの発生を抑制しつつクロストークを低減することが可能となる。
  • 這樣,即使在連續成像中,也在模式 2下驅動圖像模糊修正裝置 24,直至之前為止 (步驟 S2)。 因此,可以防止圖像拾取元件 55的溫度增加,並可以將減少由熱量引起的圖像噪聲。
    このように継続して撮影を行う場合においても、直前まで像ブレ補正装置24がモード2で駆動されている(ステップS2)ため、撮像素子55の温度上昇を抑えることができ、熱により画像のノイズを低減することができる。
  • 因此,當在死區 49的範圍內指示體 41與觸摸面板 21脫離接觸時,控制單元 15不繪製成像輔助線。
    このため、制御部15は、不感領域49の範囲内で指示物体42がタッチパネル21から離れると、撮影補助線を描画しない。
  • 與此相對,在圖 19B的自拍模式的情況下,朝向攝影方向 (紙面外側方向 )時右側 (紙面左側 )的麥克收音的聲音成為左聲道,左側 (紙面右側 )的麥克收音的聲音成為右聲道。
    これに対して、図19(b)の自分撮りモードの場合、撮影方向(紙面手前方向)を向いたときに右側(紙面左側)になるマイクで集音された音声が左チャンネルになり、左側(紙面右側)になるマイクで集音された音声が右チャンネルになる。
  • 之所以區分用戶模式518和內核模式520,是為了向運行在內核模式520的關鍵系統進程提供一定程度的保護或者安全,使得這些進程不會受到來自用戶模式 518的影響。
    カーネル・モード520で実行される必須のシステム・プロセスにある程度の保護またはセキュリティが提供できるように、ユーザ・モード518とカーネル・モード520とが区別されるため、結果としてこれらのプロセスはユーザ・モード518内から直接影響を受けることがない。
  • 因此,在死區 46的範圍內指示體 41與觸摸面板 21脫離接觸時,控制單元 15不繪製成像輔助線。
    このため、制御部15は、不感領域46の範囲内で指示物体42がタッチパネル21から離れると、撮影補助線を描画しない。
  • 利用包括這樣的攝影圖像 P1及攝影圖像 P3的攝影圖像 P1~ P4,假設用圖 6所示的方法來導出立體曲面 SP的重複部分 OA1的像素值。
    このような撮影画像P1及び撮影画像P3を含む撮影画像P1〜P4を用いて、仮に図6に示す手法で立体曲面SPの重複部分OA1の画素の値を導出したとする。
  • 並且,線段 EL3和線段 EL4所夾的區域 BA2的像素值,是用相同的比例(0.5∶ 0.5)對後方的攝影圖像 P2的像素值和左側方的攝影圖像 P3的像素值進行α混合而導出的。
    そして、線分EL3と線分EL4とに挟まれた領域BA2の画素の値は、後方の撮影画像P2の画素の値と左側方の撮影画像P3の画素の値とを、同じ割合(0.5:0.5)でアルファブレンドして導出される。
  • 另外,數字處理單元 31根據合成圖像數據,顯示重疊在攝影狀態推薦圖像 46的圖像水平方向的右端,與圖像垂直方向平行的帶狀圖標布局部分 47。
    またデジタル処理部31は、その合成画像データに基づき撮影状態提示画像46の例えば、画像水平方向の右端部に画像垂直方向と平行な帯状のアイコン配置部47を重ねて表示する。
  • 例如,在使圖 19A及圖 19B的紙面左側的麥克收音的聲音屬於右聲道,紙面右側的麥克收音的聲音屬於左聲道的情況下,在圖 19A所示的狀態 (顯示方向與攝影方向是相反的方向。通常攝影模式。)下,圖像與聲音的聲道相對應,但在圖 19B所示的狀態 (顯示方向與攝影方向為大致相同的方向。自拍模式。)下,變得不對應。
    例えば、図19(a),(b)の紙面左側のマイクで集音された音声を右チャンネル、紙面右側のマイクで集音された音声を左チャンネルに属するものとする場合、図19(a)に示す状態(表示方向と撮影方向とが反対方向。通常撮りモード。)では、画像と音声のチャンネルとが対応するが、図19(b)に示す状態(表示方向と撮影方向とが略同一方向。自分撮りモード。)では、対応しないものとなる。
  • 因此,關於在重複部分 OA3中的比線段 EL3更靠前的前側的區域 NA3的像素值,只使用左側方的攝影圖像 P3,關於比線段 EL4更靠右的右側的區域 NA4的像素值,只使用後方的攝影圖像 P2。
    したがって、重複部分OA3のうち線分EL3より前側の領域NA3の画素の値については左側方の撮影画像P3のみが用いられ、線分EL4より右側の領域NA4の画素の値については後方の撮影画像P2のみが用いられる。
  • 在靜止圖像的情況下,可以在步驟 S8的成像處理中比較焦距和快門速度的倒數。
    また、静止画の場合には、ステップS8の撮影処理において、焦点距離の逆数とシャッタースピードとを比較し、シャッタースピードが速い場合は効率的な放熱を行わず、シャッタースピードが遅い場合は効率的な放熱を行うようにしてもよい。
  • 此時,如果在死區的範圍內指示體 41與觸摸面板 21脫離接觸,則不繪製成像輔助線。
    このとき、不感領域の範囲内でタッチパネル21から指示物体42を話すと、撮影補助線の描画が行われない。
  • 這樣,即使在連續成像 (連貫成像 )中,在模式 2下驅動圖像模糊修正裝置 24,直至之前為止 (步驟 S40)。 因此,可以防止圖像拾取元件 55的溫度增加,並可以將減少由熱量引起的圖像噪聲。
    このように継続して撮影を行う場合においても、直前まで像ブレ補正装置24がモード2で駆動されている(ステップS40)ため、撮像素子55の温度上昇を抑えることができ、熱により画像のノイズを低減することができる。
  • 在上述例子中圖 19A的通常攝影模式的情況下,朝向攝影方向(紙面內側方向 )時左側 (紙面左側 )的麥克收音的聲音成為左聲道,右側 (紙面右側 )的麥克收音的聲音成為右聲道。
    上述の例で図19(a)の通常撮りモードの場合、撮影方向(紙面奥方向)を向いたときに左側(紙面左側)になるマイクで集音された音声が左チャンネルになり、右側(紙面右側)になるマイクで集音された音声が右チャンネルになる。
  • 大部分的熱能量不是最終使用的能量形式。
    ほとんどの部分、熱エネルギーは最終的に使用される形態ではない。
  • 因此,當在檢測區域內指示體 41與觸摸面板21脫離接觸並且已檢測到終點時,控制單元 15識別出用戶有意發出繪製成像輔助線的指令。
    このため、制御部15は、検出領域内で指示物体42がタッチパネル21から離れ、終点を検出した場合に、ユーザが意識して撮影補助線の描画指示を行ったものと認識する。
  • 這樣,即使在連續成像中,在模式 2下驅動圖像模糊修正裝置 24,直至之前為止 (步驟 S2)。 因此,可以防止圖像拾取元件 55的溫度增加,並可以將減少由熱量引起的圖像噪聲。
    このように継続して撮影を行う場合においても、直前まで像ブレ補正装置24がモード2で駆動されている(ステップS2)ため、撮像素子55の温度上昇を抑えることができ、熱により画像のノイズを低減することができる。
  • 此時,通過在大於死區的範圍內用指示體 41划過觸摸面板 21,而有意發出用於繪製成像輔助線的指令。
    このとき、不感領域より広い範囲でタッチパネル21に指示物体42をなぞらせることによって、意識して撮影補助線の描画を指示できる。